スポンサーリンク

中国の大学の軍事訓練

シェアする

中国の大学の新学期

中国の大学の新学期は9月から始まります。世界的に見ても、大学の新学期は9月から始まるのが普通のようなんですが、日本だけが、桜の季節に合わせるためでしょうか、新学期が4月から始まります。

新入生の第一授業の軍事訓練

中国の大学の新入生の第一授業は、まず軍事訓練から始まります。この軍事訓練がまさしく中国の大学の新学期の風物詩になっています。

中国では、小学校から軍事訓練が始まります。中国の軍事訓練は、法律で規定されている国防教育のカリキュラムの一つです。

ただ、韓国の兵役のような厳格的な軍事訓練のようなものではなく、集団規律を学ばせることがメインです。

なぜなら、中国の大学は全寮制のため、新入生たちはこれからルームメイトたちとの集団生活を始めることになりますので、そこでは、集団規律が非常に重要になってくるからです。

軍事訓練の期間は、大学によって違いますが、だいたい2週間~1ヶ月ぐらいです。時間帯は朝早くから夕方遅くまでです。

新入生であれば、男子学生も女子学生もすべて軍事訓練を受けなければなりません。軍事訓練も卒業の単位に含まれているようです。

ですから、この軍事訓練の時期は、大学構内のあちこちで、軍事訓練をやっています。マンモス大学ですと、1万人ぐらいの新入生たちが軍事訓練を行いますので、そのスケールに圧巻されてしまいます。

また、暑い時期に軍事訓練をしますので、学生たちは、みんな真っ黒になったり、日射病や脱水症状などを起こし、病院に担ぎ込まれることもあります。
 

軍事訓練するときは、みんな迷彩服を着ます。軍事訓練用の帽子や靴もあります。迷彩服一式は無料で支給される大学もあれば、自分で買わなければならない大学もあります。

軍事訓練の内容は、整列や行進のような精神的、集団的規律などの訓練がメインです。

整列や行進はとても厳しく、揃っていなかったりしたら、何度も何度もやり直しさせられます。また、大声を出しながら、「1,2,3」などの掛け声を掛けますので、大学中が掛け声で包まれます。

また、大学生活では、体力も必要になってきますので、腕立てや匍匐前進などのような肉体的訓練もあります。

大学によっては、銃や刀や竹槍を使った訓練もあります。銃に関しては、実弾で訓練する大学もあるようです。

軍事訓練の教官は、現役の中国の軍人さんがやります。中国では軍人さんは国民の憧れの職業になっています。中国では、将来、軍人さんになって、国を守りたいという人が多いです。

中には、女性の軍人さんもいます。この時期は、中国全土で軍事訓練が行われますので、ものすごい数の軍人さんたちが学生たちの軍事訓練にあたります。
 
  
日本の学校は、軍事訓練がありませんので、初めて中国の軍事訓練の様子を見たとき、きっとびっくりすると思います。

またそれとともに、学生たちに日本人だとバレたら、やられてしまうのではないかという恐怖感も感じるかもしれません。しかしながら、たとえ学生たちが日本人だとわかっても、狙われたりはしませんので、ご心配は不要です(笑)

軍事訓練が終わると、最後に、军训阅兵式と呼ばれる軍事パレードが行われます。このパレードが終わると、すべての軍事訓練が終了します。

軍事訓練にはドラマも

学生たちにとっては、きつい軍事訓練でありますが、しかしながら、その中には、笑いもあったり涙もあったりします。

軍事訓練期間中には恋愛もあります。中には、驚くことに、教官が学生に告白するという禁断の恋愛なんかもあったりします。

休憩中には教官との触れ合いなどもたくさんあり、みんなで歌を歌ったりなどもします。

ですから、毎年、学生と教官との間に数々のドラマも生まれます。

特に、教官との別れ際はみんな涙を流します。その涙は、きつい軍事訓練が終わった解放感の涙とともに、教官の厳しいながらも優しく指導してくれたことに対する感謝の涙なのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする