スポンサーリンク

中国の大学の試験と成績

シェアする

中国の大学の試験

中国の大学は一般的に1年に2回、前期と後期に1回ずつ期末試験があります。

中間試験は一般的にありません。中間試験をしたいときは、授業時間を使って、自分で中間試験を実施します。

期末試験は1教科につき、2つ作らなければなりません。1つは本試験用で、もう1つは再試験用です。期末試験が始まる前までに、2つとも作って、提出しなければなりません。

試験範囲が限られている中で、2つそれぞれ別の問題の期末試験を作らなければらないので、とても大変です。
 

会話の場合は口頭試験ですので、試験問題を作らなくてもいいですが、読解などの教科の場合は筆記試験ですので、試験問題を作らなければなりません。

ただ、会話の試験でも、口頭試験を認めていない大学も中にはあります。なぜなら、口頭試験は試験を記録として残せないからです。ですから、口頭試験を認めていない大学の場合は、会話の試験でも、筆記試験を実施しなければなりません。    

試験内容については、教師の裁量に任されています。ただ、試験は簡単過ぎてもダメですし、難し過ぎてもダメです。平均点がだいたい60点~70点前後になる試験を作るのが良いとされています。

しかしながら、試験作りの経験が浅いと、試験問題を作るのはとても難しいです。試験後、蓋を開けてみれば、平均点がとても低かったり、平均点がとても高かったりします。

中国の大学の成績

中国の大学の成績は、平常点と期末試験の点数を合計して付けます。中国の大学は、日本の大学と違って、A、B、C、Dで成績を付けることは少なく、点数で付けることが多いです。

例えば、平常点90点、期末テスト86点、評価88点のような感じでです。学生は成績表で、自分の平常点の点数と期末試験の点数、それから、評価を知ることができます。    

平常点と期末試験の比率も決まっており、一般的に平常点が30%、期末試験が70%で成績を付ける大学が多いです。ただ、大学によっては、この比率が決まっていない大学もあり、その場合は、教師が自由に比率を決めることができます。

ですから、この場合は、期末試験の平均点を見てから、この比率を調整することができます。例えば、期末試験の平均点が低いときは平常点40%、期末テスト60%にしたりすることができます。

比率が決まっていない場合は、できるだけ不合格者を出さないように調整できますので、成績がとても付けやすいです。

平常点は一般的に出席、小テスト、宿題を基にして付けます。例えば、出席を重視したければ、出席70%、小テスト20%、宿題10%のような感じで付けます。中国の大学は、一般的に相対評価ではなく、絶対評価です。

ですから、最終評価で90点以上が何人いても、問題がありません。ただ、学生たちの成績がみんな高過ぎたり、低すぎたりすると、教務から何か言わる大学もあります。 

どこの大学も、最終評価が60点以下だったら不合格で、再試験になります。再試験も不合格になると、また来年再履修になります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする