スポンサーリンク

便利な中国の銀行カード

シェアする

デビットカード機能

中国の銀行カードには、デビットカード機能が付いています。ですから、スーパーなどで買い物をするとき、現金を使わずに、銀行カードで払うことができます。

払い方も簡単で、レジで銀行カードを提示し、6桁のパスワードを押すだけです。とても便利です。ただ、クレジットカードとは違い、自分の銀行口座にお金がなくなったら、使えません。

銀聯(Union Pay)の機能

中国の銀行カードには、銀聯(Union Pay)という中国国内でも海外でも使える、オンライン決済システムが付いています。日本へ一時帰国したときなどに、役立つのがこのオンライン決済システムです。

この銀行カードがあれば、日本のATMなどで、お金を引き出すことができます。しかも、中国の銀行口座にある元を円で引き出すことができます。

お金を引き出すことができるATMは、銀聯(Union Pay)のロゴがあるATMです。特に、セブンイレブンやローソンなどのコンビニのATMで、引き出すのが一番便利です。

お金を引き出すときのレートは、銀聯レートというものが採用されています。銀聯レートは、1日1回、中国時間の午前11時頃に更新されます。銀聯レートは、中国の空港や日本の空港の両替所のレートよりもだいぶ良いです。

ただ、銀聯カードを利用して、日本のATMでお金を引き出す場合、2つの手数料がかかります。

日本側の銀行の手数料

日本側の銀行の手数料は、引き出す金額によって、手数料が違うわけではなく、ATM利用1回につき、○○円の手数料を取る形になっています。ですから、1回でたくさんのお金を引き出せば、手数料を安く済ませることができます。

セブンイレブンのATMの手数料は1回につき、110円程度、ローソンのATMの手数料は無料です。

中国側の銀行の手数料(境外手続費)

中国側の銀行の手数料は、銀行によって、大きな違いがあります。中国の銀行の最大手の中国銀行の場合は、引き出し額の0.5%(1回あたり最低15元、最高50元)かかります。

ただ、中には、条件付きで、引き出し手数料が無料の銀行もあります。その銀行は、中国光大銀行と華夏銀行です。

中国光大銀行の場合は、銀行カードを作る時に、出国卡(出国カード)というものを作れば、月2回まで、引き出し手数料が無料です。華夏銀行の場合は、毎日1回まで、引き出し手数料が無料です。2回目以降は、12元かかります。
 
 
ATMでの1回の引き出し限度額は、現在5万円までです。また、1日の引き出し限度額も決まっており、1日1万元(約15万円)までです。また、年間10万元(約150万円)までしか引き出せません。

ただ、この年間引き出し制限は、1カードにつきの年間引き出し制限額なので、複数の銀行カードを持っている場合、例えば、銀行カードを2枚持っている場合は、20万元(約300万円)まで引き出せます。

また、この銀行カードがあれば、日本の銀聯の加盟店で、デビットカードのように、買い物をすることができます。オンライン決済ですので、手数料も取られません。

しかも、お店によっては、10%引きになるお店もあります。ですから、一時帰国の時に買い物するときは、銀聯加盟店のお店で買い物すると、とてもお得です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする