スポンサーリンク

出国税

シェアする

出国税

日本では2019年1月7日から出国税が徴収され始めました。出国税とは「日本の観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための税」です。

出国税の正式名称は国際観光旅客税で、船舶や航空機を使って、日本から出国する人に対して、運賃に1人あたり1000円上乗せされる形で税金が徴収されます。しかも国籍を問わずです。

つまり、日本人であっても、出国するときに、出国税を払わなければなりません。たとえそれが旅行ではなく、仕事であったとしてもです。

私はいつも格安航空を利用していますが、その航空券代に1000円プラスされるとなると、薄給日本人教師の私にとっては重い負担になります。ですので、出国税は一律1000円ではなく、所得税と同じく、累進課税にしてもらえれば、有り難かったのですが。例えば、1万円未満の運賃でしたら、100円とか。

そもそもなぜ外国人観光客のために、日本人がわざわざ税金を負担しなければならないのでしょうか。私は出国するたびに、お高い空港利用税を払っているというのに、さらに出国税まで搾り取られるとは。二重課税をするのもいい加減にしてもらいたいものです。

そうするぐらいなら、日本に来る裕福な中国人様たちからがっぽり税金を取って、そのがっぽり取った税金を使って、日本の観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図れば良いのになと思ってしまいます(笑)

出国税に反対

これだけグローバル化が進行している現代社会では、世界との交流を促進するべきであり、出国税という訳のわからない税金を取るのではなく、外国人が日本に来やすくしたり、日本人が海外に行きやすくする政策を実施すべきだと強く思います。

ですから、この出国税はそれを完全に阻害しており、まさしく時代に逆行していると言えます。逆行どころか、日本はまた鎖国時代を目指しているのではないのかと思えてしまうぐらいです。

今はまだ出国税を導入したばかりですので、出国税は1000円になっていますが、日本政府の考えることですから、これがそのうち1万円とかに跳ね上がっていくのではないかと思います。そして、これに味を占めた日本政府は今度は入国税も取り始めるのではないかと私は危惧し始めています。

これが果たしておもてなし国家日本なのでしょうか。私はぼったくり国家日本だと思うのですが(笑)。そのうち日本は観光先進国ではなく、観光途上国になってしまうように思います。現に日本の出国税のニュースを耳にした中国人の間でも日本は貧乏国になってしまったと言われ始めています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする