スポンサーリンク

まど・みちおさんの「がぎぐげごのうた」

シェアする

まど・みちおさんの「がぎぐげ

ごのうた」

「あ」から「ん」までの五十音を一通り教え終わったら、続いて、濁音、半濁音、促音の指導に入ります。

一通り濁音・半濁音、促音の発音を教え終えわった後、みんなで、まど・みちおさんの「がぎぐげごのうた」を朗読するのも良いと思います。

がぎぐげ ごぎぐげ がまがえる
がごがご げごげご がぎぐげご

ざじずぜ ぞろぞろ ざりがにが
ざりざり ずるずる ざじずぜぞ

だぢづで どどんこ おおだいこ
だんどこ でんどこ だぢづでど

ばびぶべ ぼうぼう のびたかみ
ばさばさ ぼさぼさ ばびぶべぼ

ぱぴぷぺ ぽっぽう はとぽっぽ
ぱっぽろ ぺっぽろ ぱぴぷぺぽ

こちらは発音がとても難しいですので、何度も何度も読む練習をさせます。

「この動画の子に負けないように、みなさんもスラスラ読めるようになりましょう」と言うと、よい動機づけになると思います。

だんだんスラスラ読めるようになってきたら、今度は早口で読む練習をさせます。こちらの「がぎぐげごのうた」は発音がとても面白いですので、早口言葉のように早く読ませると、みんなの口が忙しくなり、とても盛り上がります。

これも宿題として、暗記して来るように言って、次の授業で、1人1人テストをするのも良いと思います。そうすれば、1人1人の発音のチェックも行うことができます。そのときに、1度でも読み間違えたり、詰まったりしたら、再テストにさせると、みんな一生懸命練習してきます。

ウォーミングアップにも最適

「がぎぐげごのうた」は発音が難しいですので、会話の授業前にみんなで暗唱させると、アナウンサーの発声練習のように、よい口ならしになります。

ですから、毎回の会話の授業前に、ウォーミングアップとして、「がぎぐげごのうた」を暗唱させるのも良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする