スポンサーリンク

お勧め五十音サイト

シェアする

1年生の授業

今学期1年生の授業を担当する先生もいらっしゃると思います。

1年生の授業は日本人の日本語教師が前期から担当する大学もあれば、後期から担当する大学もあります。また中には1年生の授業を担当させない大学もあります。

個人的にはできるだけ早い段階から日本人の日本語教師に1年生の授業を担当させるべきだと思うのですが。なぜなら、早い段階から生の日本人の日本語に触れていると、日本語が習得しやすくなると思うからです。

1年生はまだオブラートに包まれていない状態で入学して来ますので、とてもフレッシュで、とてもやる気があります。ですから、とても教えやすいです。そのやる気を維持させるためにも、やはり、大学側は日本人の日本語教師に早い段階から1年生の授業を担当させるべきだと思うのです。

1年生の前期の授業を担当することになった場合、五十音から教えることになります。最初の一から教えられますので、日本語教師にとっても、とてもやりがいがあります。ただ、中国人の先生も五十音を教えますので、日本人教師の場合は、五十音の発音の指導をすることがメインになります。

五十音を教えるには、大きく分けて、3つの方法があります。1つ目は平仮名を教えた後に片仮名を教える方法です。2つ目は片仮名を教えた後に平仮名を教える方法です。そして、3つ目は平仮名と片仮名を同時に教える方法です。

ただ、平仮名と片仮名を同時に教える場合は1度に2字ずつ提示することになりますので、学生にとっては覚えるのが大変だったり、また平仮名と片仮名を混同してしまうおそれもあります。

お勧め五十音サイ

五十音を教えるときに、とても便利なサイトをご紹介したいと思います。

それはこちらです。日本語サイアム教材ダウンロードサイトです。

こちらのサイトには、いろいろな五十音の教材が用意されており、ダウンロードすることもできます。

その中で、私が特にお勧めしたいのが、ひらがな表(筆順アニメーション付き)PC専用カタカナ表(筆順アニメーション付き)PC専用です。

こちらは、1つの画面に五十音が一覧になっています。その1つにカーソルを合わせて、クリックすると、音声とともに書き順が表示されます。ですから、五十音の書き方と読み方を指導するときに使うと、とても便利です。

一度こちらの教材を使って、五十音を指導すると、きっと毎年この教材が手放せなくなると思います。こちらはそれだけ重宝する優れもの教材です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする