スポンサーリンク

中国の大学へ赴任前の荷物の郵送

シェアする

中国の大学へ赴任する前に、先に荷物を送ることができます。

郵送先

中国の大学へ先に荷物を送りたい場合は、事前に、仲介会社を通して、国際合作所に、いつ荷物を送ったらいいか、どこに荷物を送ったらいいかを確認します。

一般的に荷物は大学の国際合作所宛に送ります。ただ、大学が夏休みや冬休みに入ってしまうと、荷物を受け取る職員がいませんので、必ず長期休暇に入る前に荷物が届くように送ります。

郵送方法

中国国内の都市同士の場合は、宅配業者を使えば、送料は安いですので、重い荷物を送っても、大丈夫ですが、日本から送る場合は、EMS利用だと、料金がとても高くなりますので、EMSを利用する場合は、重くない物や嵩張る物だけを送ったらいいです。

送料を安く済ませたい場合は、SAL便(エコノミー航空)や船便がお勧めです。SAL便は航空機の空きスペースを利用して荷物を郵送するので、船便より速く、航空便より安く送ることができます。

船便を利用する場合は、荷物が届くまでに1~2か月ぐらいかかってしまいますので、赴任後にすぐ使う物以外を送ったらいいです。

日常用品は中国で安く買えますので、できるだけ日常用品以外の物を送ったらいいです。

また、国際便の場合は、一般的に手荷物を20kg~25kgまで持ち込むことができますので、大事な物や赴任後すぐ使う物は、できるだけ手荷物で持ってきたほうがいいです。

荷物が国際合作所に着いた後、国際合作所の職員が、事務室などで荷物を保管してくれます。

荷物は、赴任時に、空港から宿舎に行く前に、国際合作所に寄って、国際合作所の職員が一緒に荷物を宿舎まで運んでくれる場合もあれば、後日、自分で国際合作所に行って、自分で荷物を宿舎まで運ばなければならない場合もあります。

荷物がたくさんある場合は、自分一人で運ぶのは大変ですから、そういうときは、男子学生に手伝ってもらうといいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。