スポンサーリンク

中国の教師の日

シェアする

毎年9月10日は、中国の教师节で、教師に感謝する日です。

教師の日

中国には、古代中国の時代から「人には敬うべきものが三つある。それは、君、父、師だ。」という言葉があり、中国では、伝統的に教師を非常に敬う習慣があります。

ただ、教師の日だからと言って、授業が休みになるわけではありません。せっかくの教師の日なのですから、教師のために、1日休みにしてもらいたいと思うのですが(笑)

教師の日にもらうプレゼント

教師の日には、クラス全体からプレゼントと感謝の言葉が書かれたメッセージカードをもらうことが多いです。

時には、学校の正門の前で、大学の学生会に所属している学生たちから花をもらうこともあります。

ただ、教師の日は、新学期が始まってすぐですので、まだ受け持ったばかりのクラスから、プレンゼントなどをもらうのは気が引けてしまうのですが。
 

教師をとても敬う国中国
 

私が中国に来て、教師節という日があることにも驚きましたが、中国の大学の授業で、学生に指名して当てた時、必ず学生が立ち上がって、回答することにも驚きました。

日本でも、中学生くらいまでは、教師から指名されて当てられた時、立ち上がって、回答することはありますが、さすがに大学生の場合は、立ち上がって、回答することはあまりないと思うのですが。

学生に、立ち上がって、回答する理由を聞いてみたら、「教師への尊敬を示すためです」と答えていました。

この点からもおわかりいただけますように、中国の学生は、とても教師を敬ってくれます。

ですから、困ったことがあれば、すぐ学生が手伝ってくれたりします。時には、こちらがお節介だなと感じるぐらい、いろいろなことをやってくれたりします(笑)。それらの源はすべて教師への敬意を示すためです。
 
 
また、学生とご飯を食べる時も、学生がお金を払ってくれることが多いです。日本では学生と食事に行って、教師が学生にお金を払わせるのは、よくないという考えがありますが、中国では、逆で、教師にお金を払わせるのは、とんでもないというような考えがあるようです。

しかしながら、毎回、学生におごってもらうのは、気が引けてしまいますので、私は学生に食事に誘ってもらったときは、事前に「今日は割り勘で」と言っています。

そうすれば、私も学生も気を遣わずに、気楽に食べたり、飲んだりすることができます。

割り勘は日本の習慣でもありますので、学生は日本の習慣も学べて、まさしく一石二鳥です(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする