スポンサーリンク

謎掛け

シェアする

謎掛け

謎掛けとは、     と掛けて、     と解きます。その心は     でお馴染みである2つの言葉を掛けて、最後に落ちをつける言葉遊びです。この謎掛けは江戸時代の頃から行われていたようです。

中国には謎々はありますが、謎掛けのような言葉遊びはありませんので、まず教師がわかりやすい例を出して、謎掛けを紹介します。例えば、

夕日と掛けて、壊れた船と解きます。その心はどちらも沈んで行きます

謎解きの作り方のヒントとしましては①同音異義語を探す ②2つの物の動きが同じ動詞を探すです。例えば、

好きな人と掛けて、嫌いな人と解きます。その心はどちらもはなしたくないです(離したくない・話したくない)

希望と掛けて、風船と解きます。その心はどちらも膨らみます

謎解きを考えた学生はその心はの部分をすぐに言うのではなく、クイズ形式で、他の学生たちに考えさせてから、その心はの部分を言ったほうが盛り上がるかもしれません。ただ、一番良いのは、その心はの部分が見当も付かないようなものが一番良いのですが。そういう謎解きの場合は、学生たちは身を乗り出して、その心はの部分を集中して、聞きますので。

謎掛けは日本語学習者にとっては難しいですので、たとえ落ちを言ったとしても、その落ちが理解できない場合もありますので、その場合は謎掛けを作った学生に説明してもらうと良いです。

お宅と掛けまして、野球と解きます。その心はしょかいのとくてん(初回の特典、初回の得点)が大事です

笑点風謎掛け

こちらの笑点風謎掛けは即興でお題を出し、謎掛けをやります。ですから、かなりレベルが高くなります。こちらも、笑点と同じく、5~6人の学生を選んで、座布団を敷き、笑点風でやります。

教師:ミニスカートと掛けて、何と解く?
学生A:ミニスカートと掛けて、結婚式のスピーチと解きます。
教師:その心は?
学生A:「どちらも短いほど喜ばれます」
教師:ミニスカートと掛けて、何と解く?
学生B:ミニスカートと掛けて、テスト中の隣の席の学生の解答と解きます。
教師:その心は?
学生B:「どちらもなかなか見えません」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする