スポンサーリンク

中国の大学の1クラスの人数と男女比

シェアする

1クラスの人数

中国の大学の日本語学科は一般的に1学年2~3クラスの大学が多いです。1クラスの人数は、だいたい30人前後の大学が多いです。ただ、大学によっては、20人以下のクラスや50人以上いるクラスもあります。1学年から4学年合わせて、だいたい200人~400人ぐらいです。

また、教科によっては、2クラスで、合同授業をすることもあります。その場合は、60人を超えることもあります。

1クラスの男女比

1クラスの男女比は、だいたい2:8~1:9の割合で、女子学生が圧倒的に多いです。なぜなら、中国でも、男子は理系、女子は文系という考えが強いためです。このように女子学生が多いので、女性の日本語教師を優先的に採用している大学もあります。

日本語を学ぶのは、女子学生が多いため、大学で日本語を教える中国人の先生も、必然的に女性の先生が多くなります。こちらも、だいたい2:8~1:9ぐらいの割合で、女性の先生が多いです。

また、日本語の通訳も、女性が多いのは、日本語を学ぶのは女子学生が多いためです。

一方、日本人教師の場合は、男性の先生の比率のほうが高いです。特に、地方都市の場合は、男性の先生の比率が一層高くなります。

これは、おそらく、中国の地方都市で働きたいという女性が少ないためだと思われます。なぜなら、中国の地方都市は、女性にとって、いろいろな面において、不便だからです。

また、1大学の日本人教師の数はだいたい2~3人の大学が多いです。中国人教師の数はだいたい10~20人前後の大学が多いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする