スポンサーリンク

五十音の総括は歌で

シェアする

五十音の総括は歌で

1年生に五十音をすべて教え終わったら、その総括として、みんなで日本の歌を歌のも良いと思います。

みんなで歌を歌うことで、教師が授業を楽しくさせることができるばかりではなく、学生も五十音の勉強を通して、日本語の歌が歌えるようになったんだという自信が付きます。

その結果、今後も日本語の勉強をもっと頑張ろうという気持ちにさせることもできます。ですから、歌を歌うことは、まさしく一石三鳥だと思います。やはり、早い段階からの日本語の勉強への動機付けはとても大事だと思います。

どんな歌が良いか

五十音を習ったばかりの1年生にとっては、どんな歌が良いかと言いますと、やはり、学生が聞いたことがある歌を選ぶことです。なぜなら、聞いたことがない歌を歌うとなると、メロディーまで教えなければならないので、大変だからです。

聞いたことがある歌ならば、自然と口が動きます。ですから、中国でカバーされている日本の歌や中国でも放映されている日本の漫画の歌などを選ぶと良いと思います。

私が1年生に教えるときに、よく歌っている歌は一休さんの歌です。一休さんは中国でも放映されており、かつて大人気でしたので、学生も小さい頃、絶対に見たことがありますし、また、一休さんの歌はとても歌いやすい歌ですので、とてもお勧めです。きっと1年生の最初の段階から歌うことができると思います。

「とんちんかんちん一休さん」

すき すき すき すき すき すき

あいしてる

すき すき すき すき すき すき

いっきゅうさん

とんちは あざやかだよ

いっきゅうひん

どきょうは まんてんだよ

いっきゅうひん

いたずら きびしく いっきゅうひん

だけど けんかは からっきしだよ

さんきゅうひん

アー アー なむさんだ

とんちんかんちん とんちんかんちん

きにしない きにしない

きにしない きにしない

のぞみは たかく はてしなく

わからんちんども とっちめちん

とんちんかんちん いっきゅうさん

すき すき すき すき すき すき

あいしてる

すき すき すき すき すき すき

いっきゅうさん

いっきゅうさん

すき すき すき すき すき すき

あいしてる

すき すき すき すき すき すき

いっきゅうさん

こころは やさしく 

いっきゅうひん

おつむは くりくりだよ 

いっきゅうひん

おめめは かわいく

いっきゅうひん

だけど かおは ざんねんだよ

さんきゅうひん

アー アー なむさんだ

とんちんかんちん とんちんかんちん

きにしない きにしない

きにしない きにしない

のぞみは とおく かぎりなく

わからんちんども とっちめちん

とんちんかんちん いっきゅうさん

すき すき すき すき すき すき

あいしてる

すき すき すき すき すき すき

いっきゅうさん

いっきゅうさん

この歌を聞くと、学生もきっと懐かしくなると思います。私も懐かしくなります。この歌は、「すき すき すき すき すき すき あいしてる」という一番最初のところがもうサビですので、頭からとても盛り上がると思います。

是非一度みんなで歌たわれてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする