スポンサーリンク

テストもボールペン

シェアする

中国の大学生はボールペンを使う

中国では、大学生はみんなボールペンを使います。鉛筆やシャープ、消しゴムは使いません。

授業の時はもちろん、テストの時もボールペンを使います。中国では、鉛筆やシャープ、消しゴムを使えるのは小学生までです。
 

ボールペンを使う理由

なぜボールペンを使うかと言いますと、その理由は6点あります。

まず1点目は、ボールペンは消すことができないので、しっかり考えてから、書くという習慣を身に付けることができるからです。

2点目は、ボールペンで間違えた場合は、二重線などで消すので、後から、何をどう間違えたのかを確かめることができるからです。
 

3点目は、ボールペンは消すことができないので、テストの時の不正を減らすことができるからです。

4点目は、ボールペンは書いたら消えないので、保存性に優れているからです。大学のテストは何年間か保存しなければならないので、鉛筆ですと、消えてしまいやすいからです。

5点目は、ボールペンは非常に便利だからです。鉛筆の場合は芯が折れたら、削らなければならいですし、シャープの場合も芯が折れたら、いちいちノックして芯を出さなければならないですし、また、芯がなくなったら、入れ替えなければなりません。ですから、手間や時間がかかると同時に、途中で集中力も途切れてしまうからです。

6点目は、中国製の鉛筆やシャープ、消しゴムの品質が非常に悪いからです。鉛筆やシャープは折れやすいですし、消しゴムもきれいに消えません。ボールペンの質も悪いと言えば悪いんですが。ボールの回転が悪く、途中で擦れてしまうことが多々あります。

ですから、中国では日本製の文房具が飛ぶように売れています。値段が4、5倍違ってもです。やはり、日本製の文房具は品質が非常に良いので、中国人から愛されています。日本製の文房具じゃなきゃ、勉強も仕事も捗らないという人もいるぐらいです。

 
ボールペンには以上のような利点があるんですが、しかしながら、テストの時も、ボールペンで書かれると、とても見にくくて、採点がしにくいのが難点です。

ただ、最近は、間違えた箇所を二重線にする学生はあまりいません。修正テープを使う学生が増えてきています。以前は修正液を使う学生が多かったのですが、修正液は乾くまで時間がかかり、効率がよくないので、最近は修正液を使う学生は全然いなくなりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする