スポンサーリンク

中国のトイレ

シェアする

中国のトイレにはトイレットペーパーがない

中国のトイレには、トイレットペーパーが備え付けられていません。 ですから、トイレで大きいほうをする場合は、ティッシュを持って行かなければなりません。

もしティッシュを携帯していなかったら、大学にいる場合は、学生に借りればいいですが、街に出ている時、急にお腹が痛くなったりしたときは、大変です。

その場合は、お腹が痛い状態で、近くにある店を探し、ティッシュを買わなければなりません。

ですから、私は外出するときは、必ずポケットティッシュをたくさん携帯するようにしています。なぜなら、過去に苦い思い出を経験したことがあるからです(笑)

  

売店や個人商店では、1個からティッシュを買うことができます。中国では、日本のように街頭で無料でティッシュを配るということはほとんどありません。ですから、私は中国に来てはじめて、よくポケットティッシュを買うようになりました。

日本にいたときは、ポケットティッシュを1回も買ったことがありません。街頭で配っていたティッシュをよく溜めていましたので(笑)

中国では、日本のキャラクター入りのティッシュもたくさん売られています。こちらはちびまる子ちゃんです。ちびまる子ちゃんは中国でも大人気です。しかしながら、日本のアニメ制作会社の許諾を得て、販売しているのかどうか定かではありませんが。

中国のトイレ の種類 

中国のトイレには、まだドアなしトイレがたくさんあります。大学のトイレにもあります。

私が初めて中国に来て、他人の大きいほうをしている様子を見たとき、カルチャーショックを起こしてしまったのを今でも鮮明に覚えています(笑)。私は恥ずかしくて、いまだにドアなしトイレで、大きいほうの用を足すことができません。

こちらのトイレは、真ん中の溝に便を落とします。水は自分で流したり、常に流れていたりするのではなく、ある時間が来たときに、水が流れるようになっています。そのため、その時間が来るまで、便がたまっていたりします。

こちらはもっと開放的なニーハオトイレです。ただ、こちらの場合は、自分で水を流すことができるので、衛生的です。

また、男子トイレの場合は、小便をするトイレは、このような感じのトイレがまだあります。大学でも、古い大学の場合は、このようなトイレが多いです。

このようなトイレの場合、ずっと水が流れているトイレもありますし、ある時間になると水が流れてくるトイレもあります。私は、こちらのトイレでは、用を足すことができます。

中国のトイレには必ずゴミ箱が設置されています。使ったティッシュはトイレに流さず、このゴミ箱に入れなければなりません。

その理由は、ティッシュを流すと、詰まってしまうからです。トイレットぺーパーなら流しても問題ないと思いますが、先ほどのようなティッシュの場合は水に溶けないからです。

また、中国はよく断水をしますので、そのときは、トイレは大変なことになります。断水の場合でなくても、中国人はトイレの水を流さないというような悪い習慣がありますので、トイレには排泄物がそのままの状態である場合が結構多いです。

ですから、扉を開ける時は、恐る恐る開けなければなりません。もし、排泄物がなければ、他人の排泄物を見なくて済みますので、とてもラッキーな気持ちになります(笑)

また、中国には、このように1つのトイレの中に男性用と女性用のトイレがあるトイレもあります。さすがに大学ではあまり見かけませんが、スーパーのトイレなどには、結構こういう形態のトイレがあります。      

中国ではトイレを探すのが大変

日本の場合ですと、どこのお店やビルにも必ずトイレがありますが、中国の場合は、大きいスーパーやデパート、レストランの中ならトイレがある場合が多いですが、それ以外のお店の中には、一般的にトイレがありません。コンビニの中にもありませんし、地下鉄にもないことがあります。

ですから、その場合はとても困ってしまいます。そういう場合は、まず外にある公衆トイレを探します。昔は、有料の公衆トイレが多かったのですが、最近はほとんど無料で利用できます。
 

公衆トイレがない場合は、マクドナルドやケンタッキーのような外資系のファーストフード店を探すのも良いです。外資系のファーストフード店には必ずトイレがあります。

あるいは、病院やホテルを探すのも良いです。病院やホテルのトイレは、とても綺麗です。5つ星のホテルであれば、トイレにトイレットペーパーも備え付けられています。

ただ、外資系のファーストフード店やホテル、病院は見つけるのが大変ですので、そのときはネットカフェを探すのが一番良いです。中国の場合は、ネットカフェはいたるところにあり、誰でも自由に出入りすることができますので、トイレを利用する場合、一番のお勧め場所です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする