スポンサーリンク

中国の大学求人の3つの探し方

シェアする

中国の大学求人の探し方には、主に3つの方法があります。

大学のホームページにアクセスする

中国の大学のホームページに求人情報が載っています。中国の大学のホームページにアクセスすると、行政部門のページがあります。

行政部門の中に、外国人教師の採用担当の部署(国際合作部、あるいは、国際交流所)がありますので、そのページにアクセスすると、求人の有無を確認することができます

こちらは、中国の名門北京大学の国際合作部のページです。応募から採用までの流れが書かれています。

ただ、大学のホームページから求人に応募する場合、中国語か英語ができないと、求人に応募するのは、難しいです。

なぜなら、求人に応募する場合、直接、国際合作部の採用担当者とメールでやり取りしなければならないからです。大学によっては、国際合作部の職員に、日本語ができる職員がいることもありますが、それはごく稀です。

日本語教師募集の海外求人サイトを見る

日本のサイトに日本語教師募集の海外求人サイトがいろいろあります。例えば、日本語教師の集い日本語オンラインなどです。

こちらの求人サイトに、中国の日本語教師仲介会社が大学側に代わって、日本語教師の求人を出しています。例えば、通途教育杭州加美教育咨詢有限公司などです。中には、仲介会社を通さず、大学が直接求人を出しているものもあります。

リンクを見ていただければ、お分かりいただけるように、求人情報には、勤務地や給料、待遇、募集条件などが書かれています。

その中から、自分が働いてみたいと思う求人に応募します。大学だけではなく、高校などの求人もあります。

求人の募集が出ている大学以外にも、「○○省の○○都市の大学で働きたい」とか、「月給○○○○元以上の給料がもらえる大学で働きたい」というような要望を出せば、仲介会社に、その要望に合う大学の求人が来たとき、紹介してもらうこともできます。

仲介会社を利用した場合でも、仲介手数料などは一切取られません。なぜなら、仲介会社は、大学に日本語教師を紹介すると、大学側から、仲介手数料をもらえるシステムになっているからです。

仲介会社の職員は、日本語ができますので、直接日本語でやり取りすることができますし、また、仲介会社が、すべて大学の国際合作部とコンタクトを取ってくれますので、こちらの要望や質問などを、仲介会社に伝えれば、すぐ折り返し回答してくれます。

ですから、中国語ができない方にとっては、こちらの方法が1番お勧めの探し方です。また、中国語ができる方でも、毎回、大学側と直接コンタクトを取るのは大変ですので、やはり、仲介会社を通して、中国の大学の日本語教師の仕事を探す方が多いです。

私も含め、私の出会った先生方もほどんどが仲介会社を通じて、大学の日本語教師の仕事を探していました。

中国の大学で働いている知人の日本語教師に紹介してもらう

中国の大学で働いている日本語教師の知り合いがいれば、その方から直接日本語教師の仕事を紹介してもらうのが一番探しやすい方法です。中国はコネ社会でもあるからです。

また、大学側にとっても、今勤めている日本語教師の知り合いであれば、安心して採用できるからです。

大学で働いている日本語教師は、大学で日本語教師の欠員が出ると、国際合作部のほうから、知り合いの日本語教師を紹介してもらえないかというお願いをされることもあるぐらいです。

この場合、大学側は仲介会社を通さずに、日本語教師を探すことができますので、大学側にとっても、メリットがあります。 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする