スポンサーリンク

まど・みちおさんの「あいうえおのうた」

シェアする

まど・みちおさんの「あいうえおのうた」

「あ」から「ん」までの五十音を一通り教え終わった後、小学校の1年生の教科書にも載っている、まど・みちおさんの「あいうえおのうた」の朗読をみんなで行うのも良いと思います。

あかいえ あおいえ あいうえお
かきのき かくから かきくけこ
ささのは ささやく さしすせそ
たたみを たたいて たちつてと
ないもの なになの なにぬねの
はるのひ はなふる はひふへほ
まめのみ まめもめ まみむめも
やみよの やまゆり やいゆえよ
らんらん らくちん らりるれろ
わいわい わまわし わいうえを

五十音を習い立てですと、スラスラ読むのはまだ難しいかもしれませんが、何度も読むうちに、スラスラ読めるようになります。「この動画の子に負けないように、みなさんもスラスラ読めるようになりましょう」と言うと、よい動機づけになると思います。

これを宿題として、暗記して来るように言って、次の授業で、1人1人テストをするのも良いと思います。そうすれば、1人1人の発音のチェックも行うことができます。

ただ、最初から発音を厳しくチェックし過ぎますと、学生たちの日本語を発する楽しさを損なってしまいますので、最初の頃は、厳しくチェックするのではなく、適度に発音指導するほうが良いのではないかと、個人的に思っています。

あいうえおの歌

こちらは詩ではなく、本当のあいうえおの歌です(笑)。みんなで、これを歌いながら、五十音を復習をすると、とても効果的です。

特に犬の鳴き声である「わをん」というところが面白いですので、リズムに乗って、楽しみながら、五十音を復習することができると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする