スポンサーリンク

中国の大学の教室の設備

シェアする

教室の設備も、大学によって違います。

パソコンとプロジェクター

すべての教室にパソコンとプロジェクターが備え付けられている大学もあれば、視聴覚室だけにパソコンとプロジェクターが備え付けられている大学もあります。

一般的に、私立大学の教室の設備は、とても良いです。

視聴覚室だけに、パソコンとプロジェクターが備え付けられている大学の場合、聴解の授業は、必ず視聴覚室が割り当てられますが、会話の授業は、普通の教室を割り当てられることが多いです。

ですから、会話の授業で、写真とかを見せたかったりした場合は、その都度、教室変更をしてもらわなければなりません。

エアコン・扇風機

教室にエアコンがある大学は少ないです。ですから、夏は汗だくになりながら、授業をします。

大学によっては、教室の天井などに扇風機がついている大学もあります。

また、冬は、コートなどを着て、授業をします。北方の大学であれば、教室に「暖気」と呼ばれる暖房がついていますので、コートを着なくても、暖かいです。

  

机と椅子


大学の教室の机と椅子は長机と長椅子が多いので、机間巡視などをするときは、ちょっと不便です。

ですから、最初の授業で、座る場所などを指定しておいたら、机間巡視などがやりやすくなります。

チョーク・黒板消し


中国のチョークは、とても折れやすいですので、筆圧に注意する必要があります。

また、黒板消しも、ボロボロな場合が多いので、先生の中には、マイ黒板消しを持って来ている先生もいます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする