スポンサーリンク

「外教」という呼び方と「帅哥」「美女」という呼び方

シェアする

「外教」という呼び方

中国では日本人教師は直接的には「○○先生」と呼ばれますが、間接的には「外教」と呼ばれたり、呼び捨てで呼ばれたりすることが多いです。

「外教」は外国人教師の略です。日本では先生が来たときに、「外教来了」(外国人教師が来た)という言い方をしたりしないと思いますが、中国ではよく言います。

日本では「外教」という言葉を使うと、先生との親近感が感じられなくなってしまいますが、中国では逆に「外教」という言葉は親近感を表すために、使われているような気がします。

気がするだけで、実際はどうなのかはわかりませんが(笑)。おそらく外教という言葉を聞き慣れてしまったために、このように感じるのかもしれませんが。

また、中国では「さん」「くん」を付けて呼ぶ習慣があまりないためか、学生は先生に対しても、陰では呼び捨てで呼んだりしています。日本の高校生とかもそうですが、ただ、中国の場合はそれとはまた違うような気がします。

実は先生方の間でもそうです。日本では先生方の間では、お互いを「○○先生」と呼び合いますが、中国では呼び捨てか、あるいは、あだ名で呼び合うことが多いです。おそらく、「さん」や「くん」、「先生」などを付けると、中国人にとっては水くさく感じるのかもしれません。

「帅哥」や「美女」という呼び方

中国人は店員さんを呼ぶときや知らない人に道を聞くとき、「帅哥」(イケメン)や「美女」という呼びかけの言葉をよく使います。

日本でも正真正銘のイケメンや美女を呼ぶときは、そう呼ぶ人もいるかもしれませんが、イケメンでも美女でもない人を呼ぶときは、決してそう言わないでしょう。もしそう言ってしまったら、相手を不快にさせてしまうと思うからです。

しかしながら、中国では正真正銘のイケメンや美女に限らず、ブサイクな人にでも「帅哥」「美女」と言って、呼び掛けます。

店員さんも客に対して、「帅哥」や「美女」と呼ぶことも多いです。日本の店員さんは絶対そんなことは言わないと思いますが。ただ、日本でも、サザエさんの漫画とかで、八百屋さんのおじさんが、お客さんに対して、「奥さん、今日もお綺麗ですね」と言っているのはよく見掛けますが。しかし、中国のように呼び掛けで使うことはないのではないかと思います。歌舞伎町のキャッチ以外では(笑)

私は全然イケメンではありませんので、最初、中国に来て、こう言われたときは「人を揶揄うのもいい加減にしろ」と思っていたのですが、今ではもうそれに慣れてしまったためか、そう言われても、なんとも思わなくなってしまった自分がいます。逆に、自分も、たまに見ず知らずの人に対して、「帅哥」や「美女」という呼び掛けの言葉を使うこともあります。「郷に入れば郷に従え」ということで(笑)

また、「帅哥」や「美女」以外によく使われている呼び掛けに、「老板」(社長さん)というのがあります。中年男性に向けてはよくこの呼び掛けが使われています。例えば、店員さんが「老板,买一个吧(社長さん、1つ買ってくださいよ)」とか言ったりします。

私はそう言われたら、無駄遣いしないためにも、「我不是老板、我是贫民(私は社長ではありません、私は貧民です)」と言って、断っています(笑)

このように呼び掛け1つ取ってみても、中国人の気さくさがよく分かります。中国人はほんと見ず知らずの人でも気軽に声を掛けて、そして、すぐに打ち解けられます。これはほんとすごい才能だと思います(笑)

この点は我々日本人も見習わなければならない点だと思います。日本人は閉鎖的というか、非社交的というか、まずお互い警戒心から入りますからね。それではなかなか真のコミニケーション能力は高められないと言いますか。

日本語教師だからこそ、中国人のようなコミニケーション能力がとても必要だと思いますので、私はこれからは日本人、中国人に限らず、どんどんコミュニケーションしていきたいと思っている今日この頃です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする