スポンサーリンク

中国の大学生の洗濯事情

シェアする

中国の大学生の洗濯事情

中国の大学の学生寮の部屋には、一般的に洗濯機は備え付けられていません。

 

大学の寮によっては、フロアに共有の洗濯機がある寮もあります。フロアに共有の洗濯機がある場合は、そこで洗濯することができますが、共有の洗濯機がない場合は、学生たちは手洗いをしなければなりません。

ただ、共有の洗濯機がある場合も、洗濯機を利用するには、お金がかかりますので、やはり、手洗いをする学生が多いです。

中国の大学生は、小さい時から手洗いに慣れているためでしょうか、手洗いがとても上手です。授業中に、文を作らせるときも、学生はよく『私は服を洗うのが上手です』と答えます。

私も洗濯機が壊れてしまったとき、手洗いをしたことがありますが、やはり、手洗いはとても大変でした。ですから、それを毎回している学生には、とても頭が下がります。

大学によっては、洗濯大会がある大学もあります。誰が一番早く綺麗に洗うことができるかを競います。

大学内にはクリーニング屋さんもあります。クリーニング屋さんでは、大事な服のクリーニングだけではなく、洗濯もしてもらうことができます。ただ1回約10元(約150円)ぐらいかかります。

しかし、クリーニング屋さんの洗濯は、洗濯から乾燥まですべてやってくれますので、忙しくて、時間がない学生にとっては、とても便利です。

寮のベランダは洗濯物でいっぱ

中国の大学は全寮制であるため、ベランダが洗濯物でいっぱいになります。

また、天気が良い日は、学生たちみんなが布団を干しますので、キャンパス中が布団でいっぱいになります。

テニス場や運動場も、布団干しの場所になります。これは中国の大学ならではの光景です。

冬の時期は、大学内では、布団にくるまったこのような謎の物体がよく歩いています(笑)

中国の学生寮は1部屋の人数が多いですので、ベランダに干せる服の量も限られているため、部屋の中にも、よく洗濯物が干されています。こちらは、ハンガーを連ねて、物干し台を作り、洗濯物を干しています。すごい発想です(笑)

部屋の中も洗濯物でいっぱいになったときは、部屋の外の廊下のドアにも干します。

授業中、雨が降って来ても、心配しなくてもいいように、傘で洗濯物をガードしている学生もいます。どこまで濡れるのを防げるのかは定かではありませんが(笑)   

スポンサーリンク

シェアする

フォローする