スポンサーリンク

「じ」「ぢ」と「ず」「づ」の発音

シェアする

「じ」「ぢ」と「ず」「づ」の

発音

濁音・半濁音を教えた時に、よく質問されることがあります。

①ざ行の「じ」とだ行の「ぢ」

②ざ行の「ず」とだ行の「づ」

この2つの発音は同じですか?

とよく質問されます。

中国語は発音がとても難しく、また、母音・子音の数もとても多いですので、発音について、よく質問されます。やはり、中国人は耳がとても良いのでしょう。どうやら学生にとっては、私の「じ」「ぢ」と「ず」「づ」の発音が違うように聞こえるようです。

「じ」「ぢ」と「ず」「づ」の発音は昔は違っていたようなんですが、今は同じ発音で使われています。

私も同じ発音をしているつもりなんですが、しかしながら、中国人の耳では違うように聞こえるようです。私は特に今までこの2つの発音の違いを意識したことがなかったので、中国人の耳にはどう聞こえているのか理解できないのですが。

ですから、私は「この2つは昔は発音が違いましたが、今は全く同じ発音です」と説明しています。そうすると、必ずどちて坊やではありませんが、「どうして発音が同じなのに、2つの字があるのですか?」と聞かれます。

「じ」「ぢ」と「ず」「づ」の

使い分け

この「じ」「ぢ」と「づ」「ず」の発音の違いは、江戸時代の元禄期の頃には、もうなくなっていたようです。今から約300年前ぐらいにです。

そのため、現在は、発音の違いはなく、ただ表記上の約束事として使い分けられています。

国が定めた「現代仮名遣い」では、「ぢ」と「づ」は2つの場合に限って、使われるとされています。

①連濁(2つの語が結合して、1語を作るとき、後ろの語の語 頭の清音が濁音に変わること)によって、「ち」「つ」が濁って生じたことが明らかである場合

例 鼻+血(はな+ち)→鼻血(はなぢ)  三日+月(みっか+つき)→三日月(みかづき)

②同音連呼(同じ音が続く時、2つめの音が濁ること)によって、「ち」「つ」が濁って生じたことが明らかである場合

例 縮む(ちぢむ) 続く(つづく)

この2つ以外の場合は「じ」「ず」を使うこととされています。

その他として、「ぢ」「づ」は和語(訓読みする語)に表れることが多く、また、「ぢ」「づ」は語の最初には来ないというルールもあります。

ですから、質問されたら、このように説明しています。ただ、1年生に説明するときは、中国語を使わなければならないので、私にとっては、至難の業なんですが。ですから、そのときは、「その真相は中国人の先生に聞いてください」と言っています(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする