スポンサーリンク

中国のバレンタインデー

シェアする

2月14日は、中国でもバレンタインデーです。

中国語では、情人节(恋人の日)と言います。

中国のバレンタインデー

中国のバレンタインデーは、チョコレートを贈る習慣はまだあまり定着していません。これは日本だけの習慣です。

ただ、最近は日本のバレンタインデー文化の影響を受けてでしょうか、スーパーなどで、チョコレートコーナーが特設されるようになってきました。

バレンタインデーの時期、よく売れるチョコレートは、アメリカ企業の德芙(Dove)というチョコレートです。実は、このDoveの4文字に暗号が隠されています。その暗号とは、「Do you love me? 』です。この暗号は、ある物語から来ています。

昔昔、ある男性がアイスクリームの上にチョコレートをかけて、女性に渡しました。そのとき、男性は、チョコレートの上に、Doveというメッセージを書きました。そして、男性は、「もしあなたが私のことが好きなら、あなたは、きっとこのメッセージの意味がわかとるでしょう。」と言いました。

そのため、バレンタインデーの時期に、このチョコレートが飛ぶように売れるようになりました。ただ、中国はチョコレートがとても高いです。特に、このチョコレートは高く、たった43g入りで7元(約105円)もします。

こちらの物価では、7元もあれば、蘭州ラーメンやチャーハンが1杯食べられますので、いかにこのチョコレートが高いかがわかります。

また、中国でも、このようなメッセージ入りのチョコレートも贈られています。

中国では男性が女性にプレゼントを贈る

ただ、中国では、バレンタインデーは、日本とは反対で、男性が女性にプレゼントを贈るのが一般的です。

プレゼントは一般的に花が多いです。特に愛の花である赤いバラを贈ることが多いです。バラの花を贈るときに、男性が女性に告白したり、彼女や妻に愛を伝えたりします。

チョコレートについても、一般的に男性が女性に贈ります。ただ、最近は、日本のバレンタインデー文化の影響を受けてでしょうか、女性も男性に贈るようになってきました。

この時期になると、街中ではバラの花がたくさん売られます。

バラ売りの少女

 

こちらの女性たちは一見、バラをもらって喜んでいる女性だと思ってしまいますが、実は、そうではなく、バラ売りの少女たちです。

この時期になると、よく街中では、少女たちが、このようにバラを売っています。クリスマスイブのりんごと同じで、きっとよい小遣い稼ぎになるのでしょう。

また、この時期、子どもたちも、お母さんの手伝いをします。とてもお利口さんです。バラを売る姿がとても可愛いらしいです。私は子どもが好きですので、こういう可憐さを見ると、ついつい買ってあげたくなります。

また、バレンタインデーの日は、街中のいたるところで、愛のバラを受け取った女性たちを見掛けます。

最近は、レインボーローズや、ぬいぐるみ付きの布で作ったバラも人気があります。

また、お金持ちの男性は、このように大量の100元札で作った花を贈る人もいます。さすが中国のお金持ちは違います。ただ、受っ取った女性が花びらを全部摘み取ってしまったら、愛よりもお金が大事ということでしょう(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする