スポンサーリンク

YahooニュースとYahoo知恵袋を活用した授業

シェアする

Yahooニュースを活用した授業

先日、Yahooニュースで、日本の新幹線の中で、無差別殺傷事件が起きたというニュースを見ました。

なんとも理不尽で、身勝手な事件です。自殺願望があった犯人が死なず、女性を助けた男性が犠牲になってしまうとは。

犠牲になってしまった男性はとても勇敢な男性です。きっと女性が刃物で刺されている姿を見て、なんとかしなければと思い、とっさに体が動いたのでしょう。

ヤフコメではこの勇敢な男性の行動が多くの乗客の命を救ってくれたと称賛のコメントで溢れていました。ただ、中には、どうして自分にも大切な奥さんがいるのに、その奥さんのことを考えずに、助けに行ったのかというような厳しいコメントもありましたが。

それとともに、周りにいた男性や車掌はなんでこの男性を助けなかったんだ、大勢いの男性で犯人を取り押さえていれば、この男性は亡くならずに済んだのではないかというコメントもありました。

yahooニュースはコメントが書き込めるようになっていますので、そのニュースに対するいろいろな意見が見られるため、自分の意見とは違った別の観点からも物事を捉えられるので、いろいろ考えさせられます。

ぜひ一度、授業で、このニュースを取り上げて、学生たちとこの事件について、考えられてみたらいかがでしょうか。例えば、「もしみんななら、女性を助けに行ったか」とか、「このような事件を防ぐには、どうしたら良いのか」とか、いろいろな方面から議論ができると思います。

ちなみに、もし私だったら、きっと女性を助けに行かず、一目散に逃げていたのではないかと思います。情けない話ですが、やはり、自分の命が一番大事ですので。ただ、もし自分の奥さんや子供が襲われていたのであれば、絶対助けていたとは思いますが。

ニュースの報道によると、この男性と女性は面識がなかったみたいです。ですから、この男性はとても正義感が強い、素晴らしい男性だったということがわかります。まさしく人間の鏡です。私もこのような男性になりたいと思う今日この頃です。

それから、私はこの事件を通じて、改めて思ったことは、護身のためにも、体育の授業で、空手や柔道などを必修にしたほうが良いのではないかと思いました。それとともに、日本も韓国と同じように、徴兵制をやったら良いのではないかと思いました。徴兵制では、日ごろから厳しい訓練をしますので、きっとこういう場面でも、その訓練が行かせるのではないかと思。

Yahoo知恵袋を活用した授業

Yahooニュースとともに、Yahoo知恵袋も授業で利用できます。

特に、Yahoo知恵袋にある「人生の悩み」を取り上げて、みんなで議論したら面白いです。

人生の悩みの中でも、特に「恋の悩み」を取り上げるのが良いと思います。学生たちも、青春真っ只中の時期にありますので、恋の話題にはとても関心があり、積極的に発言してくれます。

例えば、

「見てはいけないものを見てしまった」

私には大好きな彼がいます。昨夜、私は仕事終わりに友人と食事をしようということになり、大盛りで安い、しかも美味しいということで有名な定食屋に入りました。

私たちは、奥の方の席に通されました。ご飯が運ばれ、友人と食べていると、私の彼が職場の人と思われる男の人と一緒に店に入って来ました。彼は大声で、仕事の愚痴をダラダラと話し、挙げ句の果てには、定食屋にも関わらず下ネタ。周りに聞こえるような声の大きさで。泣きたい気持ちになりました。ここまでだと、男の人なんだし、それくらいあるでしょと思うかもしれませんが、私はこのような彼の姿は初めて見たのです。

彼は私の前では下ネタなど一度も話したことありません。仕事の愚痴も聞いたことがありません。そして私に対する話し方はいつも穏やかな声で、ゆっくりなんです。いつもとの違いにショックを受けました。本来の姿はこうなんだとは。

こんなにも普段の姿と彼女の前の姿は違うものでしょうか?私は彼に対して少し不信感を持ちました。私は、彼よりも店を後から出たので、彼は私が一緒の店にいたことに気付いていません。皆さんが私の立場だったらどう思いますか?彼は偽りの姿で私の前では紳士を演じているのでしょうか?

この彼女はこの二重人格の彼と別れるべきかどうかを、「別れるべき派」と「別れるべきではない派」に分けてディベートさせたら、きっと盛り上がると思います(笑)

YahooニュースやYahoo知恵袋は教材の宝庫ですので、討論やディベートの授業として活用できるばかりではなく、作文の授業などでも活用できます。

作文の場合はどうしても抽象的なテーマだと書きにくいですが、このような身近な話題や興味がある話題ですと、とても書きやすくなると思います。きっと鉛筆がスラスラ進むのではないかと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする