スポンサーリンク

中国ではクリスマスイブにりんご

シェアする

クリスマスイブにりんごを食べる

12月24日はクリスマスイブです。

中国ではクリスマスイブにりんごを食べたり、りんごを贈る習慣があります。

なぜクリスマスイブにりんごを食べるのか
 

中国語ではクリスマスイブは平安夜(ping an ye)、りんごは苹果(ping guo)と言います。クリスマスイブに、平安な一生が送れますようにと願いを込めて食べる果物が、平安果(ping an guo)「平安の果実」です。

平安果(ping an guo)と苹果(ping guo)の発音が似ているため、平安の果実がりんごになり、クリスマスイブにりんごを食べる習慣が生まれました。

クリスマスイブが近づいてくると、スーパーや街の中で、りんごが売られ始めます。りんごは一般的に、きれいにラッピングして売られたり、きれいな箱に詰められて、売られたりします。

中国では、このクリスマスイブの時期は、りんごバブルとも言われ、クリスマスケーキよりも、りんごが飛ぶように売れます。

こんな世界一大きなりんごも、ラッピングして売られます。クリスマスイブにこんな大きなりんごを食べたら、一生平安な人生を送れそうな気がします(笑)

学生の中にも、小遣い稼ぎとして、りんごを売る学生もいます。普通のりんごは1個1~2元(約15円~30円)ぐらいで売られていますが、このクリスマスイブの時期のりんごは、ラッピングされたり、箱詰めされて売られたりするので、その分りんごの値段が高くなり、1個5元~10元(約75円~150円)ぐらいで売られます。

このように文字が書かれていたり、絵が描かれていたりするりんごは、値段が高いですが、しかし、クリスマスイブに、文字で願いが書かれたりんごを食べると、その願いが叶うと言われています。

クリスマスイブにりんごを贈る

クリスマスイブですから、もちろん、りんごに「好き」や「愛している」などと書かれたものを恋人や夫、妻に贈る人もいます。とてもロマンチックです。きっと、そのりんごは、普通のりんごの何倍も甘い味がするんでしょう(笑)

クリスマスイブには、自分のためにりんごを買う人もいますが、一般的に友達に贈ったり、恋人に贈ったり、先生に贈ったりします。一生平安で過ごせますようにという願いを込めて贈ります。りんごと一緒にメッセージカードを贈る人もいます。

ただ、たくさんの人にりんごを贈ると、非常にお金がかかりますので、中には、自分で普通のりんごを買って、自分でラッピングをしたり、箱に詰めたりする人もいます。こちらのほうが手作りのような感じがして、もらったとき嬉しいのですが。

クリスマスイブの日は、教室の中で、まるでバレンタインデーのような光景が見られます。

たくさん友達がいる人は、たくさんのりんごをもらいますので、机の上にはたくさんのりんごで溢れます。ですから、食べるのも大変です。ただ、こんなにきれいにラッピングされたりんごを食べるのはとても名残惜しいのですが。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする