スポンサーリンク

携帯カバーの中に100元札

シェアする

携帯カバーの中に100元札

日本人も携帯カバーを使っている人が多いですが、ただ、携帯カバーの中にお札を入れている人は少ないのではないかと思います。

中国人の場合は携帯カバーを使っている人は、たいてい携帯カバーの中にお札を入れている人が多いです。特に、100元札を入れている人をよく見掛けます。

中にはこのようにすべての紙幣を入れている人もいます。では、いったいなぜ中国人は携帯カバーの中にお金を入れているのでしょうか。

携帯カバーの中に100元札を入れている理由

私は最初、偽札を掴まされたために、その記念として、偽札を携帯カバーに入れている、もしくは、その偽札を使える機会があったら、使うために、入れているのかなと思っていたのですが、それは違っていました。

では、中国人はなぜ携帯カバーに100元札を入れているのかと言いますと、中国は今キャッシュレス社会ですので、ほとんどの人が外出するとき、現金を持ち歩かず、携帯だけを持って外出します。今の中国人にとって、誰よりももっとも身近にいる存在が携帯電話君なのです。

ただ、携帯電話君も、突然故障してしまうときもあります。また、お店や場所によっては、携帯で決済できない場合もあります。特に、バスや地下鉄の場合は交通カードがない場合、現金しか使えないことが多いですので、そのとき現金がなかったら、とても困ってしまいます。

そのため、よくバス停や地下鉄の駅で、周りの人に現金を借りて、その借りたお金をすぐに携帯で返している光景を見掛けます。

ですから、このようなときに、困らないように、中国人は携帯のカバーの中に現金を入れているのです。つまり、携帯カバーが財布の役割を果たしていたのです。

それから、もう1つ意外な理由もあります。その理由とは携帯はいつも手に持ちますので、そこから転じて、お金も自分の手に入りますようにという願いも込められていたのです。

つまり、携帯カバーの中のお金が招き猫のような役割も果たしていたのです。

ただ、透明な携帯カバーの中にお金を入れているときは注意が必要ですが。なぜなら、それはスリに携帯ごと盗んでくださいと言っているようなものですから(笑)

ちなみに、私の場合は携帯カバーを使っていませんので、いざというときのために、靴の下敷きの下にお金を入れています。ですから、お金が臭くなってしまっています(苦笑)。また、お金をこのように粗末に扱っていますので、お金が全然たまりません(涙)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする