スポンサーリンク

中国の大学の授業で使う教科書

シェアする

授業で使う教科書

授業で使う教科書も、基本的に自分では決められません。日本語学科の主任などが決めます。

あるいは、前年度いた日本語教師が、○○の教科書を使っていたので、今年度も、その教科書を継続して、使うという場合もあります。

また、日本語学科に教科書を出版した教授などがいれば、その教科書を使うことになります。

日本人教師と中国人教師が、同じ教科書を使って教える場合もあります。その場合は、一般的に日本人教師はその教科書の会話部分を教え、中国人教師はその教科書の文法を教えます。

そのため、中国人教師と授業の進度を合わせなければなりませんので、この場合は、授業の進度調節が大変です。

教科によっては、教科書がない教科もあります。その場合は、自分ですべて教材を準備しなければなりませんので、かなり大変です。

赴任したときは、使う教科書がすでに決まっており、学生の分の教科書もすでに発注されていますので、教科書を変えることはできません。

ただ、学生のレベルに対して、教科書が難しかったり、教師自身が使いにくかったりした場合は、日本語学科の主任などと相談すれば、違う教科書に変えることもできます。

ただ、その場合、学生はまた新たに教科書を買わなければなりません。

コピーした教科書

また新しい教科書を買わせると、学生の負担になってしまいますので、そういう場合は、教科書を買わせずに、全員分コピーして、その教科書を使うという方法もあります。

教科書の厚さにもよりますが、10元(約150円)ぐらいで、教科書1冊を丸々コピーすることができます。教科書は、一般的に30元(約450円)~50元(約750円)ぐらいしますので、コピーして使ったほうが経済的です。

 

教科書は学期の初めに、時間割とともに、無料で配られます。また、もし次年度も契約を更新すれば、次年度使う教科書の要望などを聞いてもらうこともできます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする