スポンサーリンク

形容詞カルタと形容詞神経衰弱と形容詞ババ抜き

シェアする

形容詞カルタ

形容詞カルタも、その名の通り、形容詞のカルタです。

形容詞カルタをする時に必要な物も読み札と絵札です。

読み札と絵札を教師が全部作るのは大変ですから、学生と一緒に作ると良いです。ただ、読み札は、形容詞が重なってしまうと困りますので、教師が形容詞を指定して作ってもらうと良いです。そのときは、形容詞の対のペアをできるだけ多く提示してあげたら良いです。例えば、「速い⇔遅い」「静か⇔にぎやか」などです。そうすれば、形容詞を効率的に覚えられます。もちろん、対のない形容詞を入れても良いです。

30人クラスの場合は、形容詞の対のペアを1人1ペア作ってもらえば良いです。もし授業中、時間がなければ、宿題にして、作って来てもらうこともできます。

読み札を作る時も、必ず頭から始めます。例えば、「高いネックレス」「安いネックレス」、「面白い本」「つまらない本」のような感じでです。

読み札が出来上がったら、次に、その読み札の絵札を作ってもらいます。ですから、絵が苦手な人には、できるだけ、絵を描きやすい読み札を作るように伝えておいたほうが良いです。読み札は1枚作ってもらえばいいですが、絵札は7枚ぐらい同じ物を作ってもらうと良いです。

そうすれば、全員が形容詞カルタを作った後、グループに分かれて、形容詞カルタ大会を開くことができるからです。

もし時間があれば、グループ内で1位になった人同士で、決勝戦を行ったりすると、とても盛り上がります。

形容詞神経衰弱

また、形容詞カルタは、カルタ取りだけではなく、形容詞の対になったカードだけを使えば、形容詞神経衰弱もできます。例えば、カードをめくって「暑い夏」が出て来たら、「寒い冬」を探すような感じでです。

形容詞ババ抜き

形容詞ババ抜きは、先ほどの形容詞カルタを使って、ババ抜きをする遊びです。形容詞カルタをするために、ババを1枚加えます。ルールはババ抜きと同じで、形容詞の反対語の対があったら、カードを捨てていきます。最後にババが残った人が負けとなります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする