スポンサーリンク

外国人居留許可と外国専家証の申請

シェアする

外国人居留許可の申請

中国に入国したら、30日以内に外国人居留許可の申請をしなければなりません。

外国人居留許可の申請は、国際合作所の職員と一緒に、公安局へ行って申請します。日本でのZビザの取得費用は自分持ちですが、外国人居留許可申請代は大学が負担してくれます。外国人居留許可申請代は400元(約6000円)です。

居留許可の期間は、一般的に契約期間と同じです。例えば、契約期間が2016年9月1日から2017年6月30日まででしたら、その期間が居留許可の期間になります。

外国人居留許可の申請に必要な書類は、国際事務所の職員がすべて用意してくれます。当日自分が携えて行く物は、パスポートと写真だけです。

写真は公安局でも撮ることができますが、公安局で撮る場合は値段がやや高いので、事前に大学近辺の写真屋で撮っておいたほうがいいです。その場合、お金のみならず、公安局での時間も節約できます。

外国人居留許可の申請が完了をすると、パスポートに外国人居留許可が貼られて、戻ってきます。これで、居留期間の間は、何度も中国へ入国できるようになります。

日本で取得したZビザは中国への入国許可で、外国人居留許可は中国での滞在許可になります。

次年度も契約を更新する場合は、外国人居留許可の延長手続きができます。その場合、日本でZビザを取る必要がなくなります。

もし、次年度契約を更新しない場合は、外国人居留許可の期限に気を付ける必要があります。なぜなら、外国人居留許可の期限が過ぎてしまっても、滞在していた場合、1日あたり500元(約7500円)の罰金が取られるからです。ですから、帰国の飛行機を予約するときに、注意が必要です。

外国専家証の申請

外国人居留許可のほかに、外国専家証の申請もしなければなりません。ただ、外国専科証の申請は、本人は行く必要はありません。国際合作所の職員がすべてやってくれます。

外国人専門家には、中国の国家外国専家局から、外国専家証が与えられます。外国専家証の1ページ目にはこう書かれています。

『本证在中华人民共和国境内有效。本证持有者,是经中华人民共和国国家外国专家局或省级人民政府外国专家归口管理部门认可,符合外国专家身份的外籍人员。持证人享受中国政府给予外国专家的便利和待遇』

つまり、この専家証を持っていると、中国政府から外国専門家としての待遇が受けられるということです。

しかしながら、私が知る限りでは、この外国専家証は待遇どころか、何の効力もありません。外国専家証を身分証代わりとして、ホテルで提示しても泊まることはできませんし、ネットカフェすら利用できません。

やはり、どこでもパスポートの提示が求められます。いったいどんな待遇が受けられるのか甚だ疑問なのですが。

むしろ、私は不便を与えられているようにも思います。なぜなら、今いる省の大学から他の省の大学へ移る場合、この外国専家証の取り消し証明書が必要になるからです。なぜなら、外国専家証は省ごとに管理されているからです。

一般的に外国専家局はその省の省都や大きな都市にあるため、そこから遠い市にある大学の場合、取り消し証明書をもらうために、わざわざ外国専家局まで行かなければなりません。

こちらも、国際合作所の職員の仕事になってしまいますので、かなり迷惑を掛けてしまうことになります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする