スポンサーリンク

視聴覚教材① 『週刊ストーリーランド』

シェアする

『週刊ストーリーランド』とは

『週刊ストーリーランド』は、かつて日本テレビで放送されていた番組です。この番組は、視聴者から面白い話や感動的な話などを募集し、それをアニメ化して、放送していました。

『週刊ストーリーランド』の各作品のストーリーは、だいたい10分~20分ぐらいの短編で、日本語の字幕も付いていますので、日本語の視聴覚教材として、とてもお勧めです。

私もよく2年生以上の「视听日语」などの授業で使っています。ただ、こちらの番組はとても古いですので、映像の画質は良くないのですが。

『週刊ストーリーランド』のお勧め作品

謎の老婆が売る不思議な商品シリーズ

こちらのシリーズの作品は、謎の老婆から不思議な商品を買った客が、その商品の効力によって、人生が変わっていくというストーリーのものです。

『使えないライター』

貪欲な客には、最後、大変なことが起こります。

『ついてる香水』

 

逆に、無私な客には、最後、幸運なことが起こります。

私が学生たちに見せる時は、客が商品を買うたびに、その場面で止めて、その商品が今後、どんな災いや幸運をもたらすのかを考えさせ、発表してもらっています。そうすると、学生たちは、自分が予想した結果が正しいかどうか、ドキドキワクワクしながら、続きを見ます。

名奉行の文さんシリーズ

こちらのシリーズの作品は、江戸の町奉行の文さんが、ちょっとした小競り合いに際し、面白いアイディアを使って、裁決を下すというストーリーのものです。

『大江戸団子』

鈴森なんでも相談所シリーズ

こちらのシリーズの作品は、鈴森なんでも相談所の所長である鈴森太郎が、どんな悩み事でも、奇抜な発想で、悩み事を解決させてしまうというストーリーのものです。

『大学教授の悩み』

私が文さんと鈴森さんのシリーズを学生に見せる時は、学生に文さんと鈴森さんはいったいどんなアイディアを使って、問題を解決させるのかを考えさせ、発表してもらっています。そうすることで、学生の豊かな発想力や想像力を刺激することができます。

怖い作品シリーズ

『距離をつめる男』

『笑わない子ども』

『殺意を生む騒音』

こちらの三作品は、とても怖い作品です。ですから、これらの作品を女子学生たちに見せるときは、女子学生たちの悲鳴が教室中に響き渡りますので、ちょっと注意が必要です(笑)

感動作品シリーズ

『母ちゃんの弁当箱』

『母が残したアルバム』

『約束した参観日』

こちらの三作品は、とても感動的な作品です。ですから、これらの作品を女子学生たちに見せるときは、女子学生たちがボロボロ涙を流しますので、ハンカチの準備が必要です(笑)。私も、これらの作品を見るたびに、ボロボロ涙が流れます。本当に素晴らしい作品です。

 

おまけ

『記憶喪失の男』

こちらの作品は、最後の二人のどんでん返しの落ちがとても衝撃的です。

『週刊ストーリーランド』には他にもたくさんの感動的な話や怖い話、恋愛の話などがありますので、ぜひ学生たちに見せて、感想などを聞いてみてください。ただ、一度見せると、他の作品も見たいと言われ、授業ができなくなりますが(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする