スポンサーリンク

視聴覚教材② SKYPEちゃんねる

シェアする

中国の大学生は日本人と接する

機会が少ない

中国の大学で日本語を勉強している学生は、日本で日本語を勉強している学生に比べ、日本人と接する機会がとても少ないです。
 
 
大学に日本人の日本語教師がたくさんいたり、日本人留学生がたくさんいたりする場合は、日本人と接する機会はたくさんありますが、大学に日本人の日本語教師が1人だったり、日本人留学生がまったくいない場合は、日本人と接する機会は皆無です。

SKYPEちゃんねるとは

そんな環境にいる中国の大学生に日本人と接する機会を与えてくれるのが、SKYPEちゃんねるです。SKYPEちゃんねるは、SKYPEで会話したい相手を探すことができる掲示板です。

SKYPEちゃんねるには、会話相手を募集している掲示板がたくさんあります。会話相手の募集には性別や年齢、地域などの条件が設けられている場合もありますが、基本的にその条件に合わなくても、会話に参加できる場合が多いです。また、自分でも掲示板に投稿し、会話相手を募集することもできます。

SKYPEちゃんねるには、大きく分けて、会議通話と個別通話の掲示板があります。会議通話は大勢の人と一緒に話します。個別通話は基本的に二人で話します。

私の学生もよくSKYPEちゃんねるを利用しています。1、2年生ぐらいの学生ですと、まだ日本語教師以外の日本人の日本語を聞き取って、適切にコミニケーションをするのは難しいかもしれませんが、3年生以上の学生になると、だいたい問題なく交流できます。

ただ、会議通話はたくさんの人がいますので、初めての場合は、会話に参加するのは難しいかもしれません。ですから、初めは個別通話から始めるといいかもしれません。しかし、個別通話も個別通話で、必ずどちらかが話さないと沈黙が続いてしまい、気まずい雰囲気になってしまいますので、こちらも難しいと言えば難しいのですが。

また、SKYPEは授業中でも活用できます。SKYPEちゃんねるを利用して、日本人と話してもらうこともできますし、あるいは、日本にいる自分の両親や兄弟、友達などと話してもらうこともできます。

やはり、いろいろな日本人とたくさんコミニケーションを取ってこそ、日本語が上手になると思いますし、それがまた、モチベーションの向上につながるのではないかと思います。

私の学生の中にも、SKYPEちゃんねるを通じて、日本語が流暢に話せるようになった学生もいます。また、日本人の友達ができた学生もいます。

また、日本語教師にとっても、SKYPEちゃんねるは役立ちます。SKYPEちゃんねるを通じて、いろいろな日本人からいろいろな話を聞くことができたり、いろいろな人との接し方を学ぶことができたり、日本語教師にとって大切な話しを盛り上げる会話技術なども学ぶことができたりします。

それと同時に、中国にいると、今の日本の生の情報がなかなか入ってきませんので、そういう生の情報を手に入れることができたり、逆に、こちらから、今の中国の生の情報を伝えることによって、日本人に中国という国を理解してもらうきっかけを作ることもできます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする