スポンサーリンク

日本の家庭料理すき焼き

シェアする

日本の家庭料理すき焼き

中国の火鍋も良いですが、日本のすき焼きもまた良いです。冬はやっぱりすき焼きに限ります。

私は最近、暇なので、世にも奇妙な物語をよく見ているのですが、そのときに、たまたま「理想のすき焼き」についての回を見ました。これを見て、久しぶりに無性にすき焼きが食べたくなりました。

この回を見ると、私と同じようにすき焼きが無性に食べたくなってしまいますので、今ダイエット中の方は閲覧注意です(笑)

今日、奮発して、家ですき焼きを食べました。奮発したといっても、牛肉はそれほど高いものではなかったですし、牛肉の量もほんの少しだけだったのですが、とても美味しくいただきました。まさしく至福の時でした。

やっぱりすき焼きは生卵を付けて食べるのが一番です。ただ、残念ながら、中国では生卵を食べる習慣がありませんので、残念ながら、中国人にこの美味しさを伝えることができません。

この世にも奇妙な物語の「理想のすき焼き」で、最後のシメに入れられたあの黒い丸い物体はいったい何だったのでしょうか。それがわからないからこそ、世にも奇妙な物語なのでしょうが(笑)

ちなみに、私はすき焼きを食べた後のシメに、ご飯を入れて、猫まんまのようにして食べます。

猫まんまで思い出したのですが、中国では猫まんまをしている人はあまり見掛けたことがありません。いったいどうして何でしょうか。

猫まんまは行儀が悪いからでしょうか。それとも、もともと中国には猫まんまにして食べる習慣がないからなのでしょうか。

私なんて、鸡公煲を食べたときは必ずシメに、ご飯を入れて、食べます。こうすることで、ご飯に肉と野菜の出汁がしみ込んで、ご飯がとても美味しくなります。皆さんも、鸡公煲を食べられたときは是非お試しください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする