スポンサーリンク

中国の「○」と「×」

シェアする

中国の「○」と「×」

宿題をチェックして返したときに、よくされる質問があります。それは「なぜ私の造句(文作り)は全部○なんですか。どこが間違えているんですか」と。日本人のみなさんなら、「???」と思われるかもしれませんが。

日本では正解の時は「○」、不正解の時は「×」とか「✓」のような記号を付けますが、中国では逆で、正解の時は「×」「✓」の記号を、不正解の時は「○」の記号を付けます。中国では、間違えたところがわかるように、間違えたところに「○」を付けます。

ですから、最初の授業でこれをじっくり説明する必要があります。ショックを起こさせないために(笑)。日本人留学生の中にも、宿題を返されたときに、「✓」の記号がたくさんあったことから、ショックを受けてしまった人もいるようなんですが。

ですから、中国の学生の中にも、きっと、宿題を返されたときに、「○」の記号がたくさんあって、ショックを受けた人がたくさんいるのではないかと。

どうやら、「○」を正解、「×」「✓」を不正解とするのは、世界では日本と韓国だけのようです。私は「○」を正解、「×」「✓」を不正解とするのは、世界中同じだと思っていたんですが。

狭い日本にこもってばかりいると、このような錯覚に陥ってしまうと思いますので、やはり、世界に羽ばたいていくことが必要だなと思います(笑)。それはさておき、日本のスタンダードでいつも物事を考えてはいけないんだなと、中国に来てから、つくづく感じるようになりました。

なぜ日本では「○」が正解で、「×」が不正解なのか 

日本で「◯」が正解を示すのは、○が満ちていることや、○そのものが欠損の無い完璧さを示す代名詞だからだそうです。逆に、ヨーロッパなどでは、○は満月の狼を連想させることから、忌み嫌われているそうなんですが。

一方、「×」が不正解を示すのは、「罰点」から来ており、そこから、「×」に良くない、悪いという意味が生れたようです。

こういう由来を研究するのも、外国人に日本語を教える者として、とても大事なことだなとつくつぐ感じています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする