スポンサーリンク

仲介会社を通じての中国の大学の求人応募から採用までの流れ

シェアする

仲介会社を通じての中国の大学の求人応募から採用までの流れは以下です。

履歴書を送る

 

仲介会社の求人情報を見て、良い求人があったら、まず、メールで、仲介会社に「○○省の大学の求人に応募したい」という旨を伝えます。その時に、電子版の履歴書も一緒に添付します。また、職務経歴書も一緒に添付しても構いません。

電子版の履歴書は、日本の履歴書の書式の物を使って、日本語で書いても構いません。こちらのサイトで、電子版の履歴書を無料でダウンロードできます。履歴書には必ず写真を貼り付けます。

中国の写真屋の場合は、写真屋で「4cm×3cmサイズの証明写真の電子版だけが欲しい」という旨を伝えると、USBメモリーに、電子版だけを入れてくれますので、それを履歴書に貼り付けたらいいです。電子版だけだと、値段もとても安いです。

仲介会社に履歴書を送ったら、仲介会社が大学に履歴書を送ってくれます。もし、給料に拘らず、どこの省の大学でもよければ、その旨を仲介会社に伝えると、仲介会社がいろいろな省の大学に履歴書を送ってくれます。ですから、その場合は、採用される確率が高くなります。

 

面接を受ける

大学に履歴書を送った後、大学の国際合作部の職員や日本語学科の主任、あるいは、日本人の日本語教師などが履歴書を見て、書類選考します。

有名な大学や人気の都市であれば、たくさんの応募者がいますので、書類選考で落とされる場合もあります。

書類選考が通ったら、面接に進みます。面接は一般的に、電話面接かSKYPE面接です。中国に在住しているのであれば、電話面接、日本に在住しているのであれば、SKYPE面接が一般的です。

大学によっては、大学に行って、面接を受けたり、模擬授業をしたりする大学もありますが、しかし、中国はとても広大ですので、大学まで行くのはとても大変ですから、このような大学は、ごく稀です

求人情報には、具体的な大学名までは書いていませんので、電話面接の前までに、仲介会社に大学の名前を聞いておくことをお勧めします。そうすれば、事前に大学のホームページなどで、大学の規模とか、大学の様子などを調べることができます。

面接は、国際合作部の職員とではなく、一般的に日本語学科の主任と日本語で面接をします。ただ面接と言いますが、日本のような圧迫面接ではなく、履歴書などを確認する程度の面接です。

例えば、「今までどんな仕事をしていましたか」とか、「どんな教科を担当できますか」とか、「いつ中国へ来られますか」などのような感じです。また、この電話面接で、標準的な日本語を話せる人かどうかも、チェックされています。

面接の時、質問などがあれば、質問しておいたほうがいいです。例えば、「日本語学科の学生はどれぐらいいますか」とか、「どんな教科書を使っていますか」とか、「日本語教師はどれぐらいいますか」など。

仲介会社は、国際合作部の職員とやり取りするだけですから、授業面のことについては、具体的に質問できませんので、面接のときに、授業面などについて聞いておいたらいいです。

 

また、面接の時に、現在勤務している日本人教師の電話番号かメールアドレスを聞いておくこともお勧めします。現在その大学に勤めている日本人教師に直接質問すれば、生の声を聞くことができるからです。

例えば、大学の様子とか、学生の様子とか、寮の様子とか、都市の様子とか、この大学では、どんなことが大変なのかなど。

大学によっては、面接がなく、書類選考だけの大学もあります。特に、欠員が生じたため、急いで日本語教師を探している大学とか、地方都市の田舎にある大学とか、日本人教師の離職率が高い大学などは、早く人材を確保したいということから、書類選考だけで、採用している大学が多いです。

合否通知を受け取る

面接後、その場で採用されることもあれば、1週間ぐらいの選考期間を設けて、その後、直接採用の電話が来たり、仲介会社を通じて、メールで合否の通知が来ることもあります。

採用されれば、次は、就労ビザ開始の手続きに入ります。もし、採用されなければ、また別の大学の求人に応募することになります

採用されなかったからと言って、悲観的にならなくてもいいです。その時は、この大学とは、ご縁がなかったのだと考えたらいいです。

中国はたくさんの大学がありますので、引く手あまた状態ですから、1つや2つの大学を落ちたぐらいで、心配しなくてもいいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする