スポンサーリンク

マネーの虎

シェアする

マネーの虎

「マネーの虎」はかつて日本テレビで放送されていた人気バラエティ番組です。

この番組は志願者と呼ばれる起業したい人たちが希望の金額を投資してもらうために、「虎」と呼ばれる大物経営者5名の前で、プレゼンテーションを行い、投資を請うという番組です。

司会者である吉田栄作さんの「本日も様々な野心、野望、そして、バックグランドを抱えた者たちがみなさんのビックマネーを頼りに集まってきています。恐れ入りますが、本日の所持金をテーブルの上にお出しいただけますか。」という言葉とともに、テーブルに大金が積まれ、番組が始まります。

プレゼンテーションをした結果、志願者の希望金額に到達すれば「マネー成立」となり、虎達から出資金を獲得できます。しかしながら、志願者の希望金額に到達しなければ「マネー不成立」となり、虎達からの出資金を一切受け取れません。

ですから、志願者たちは自分の事業への熱い思いを虎たちにプレゼンテーションしていきます。一方、虎たちは投資側でありますので、志願者のプレゼンテーションのわずかな欠点にも、虎のように容赦なく噛み付いていきます。

それに対して、志願者たちも負けじと反論します。この志願者たちと虎たちの白熱したやり取りがこの番組の最大の見どころであり、私はいつもこの場面を楽しみながら見ていました。

冒頭の方は残念ながら、マネー不成立となってしまいましたが、この方の「専用劇場を持ち、ライブ中心でタレントを育成する芸能事務所を開設したい」というアイディアは、その後、秋元さんが作ったAKB48に取り入れられ、それが先駆けとなって、全国に会えるアイドルが多数登場しました。

ですから、アイディアというものはとても大事だと思います。特に奇抜なアイディアが。こういうアイディアがなければ、良いものは生まれませんので。ですから、私は学生に常にいろいろなアイディアを考える習慣を身に付けるようにと言っています。

プレゼンテーション能力を高め

この方はとてもプレゼンテーション能力が高く、それが虎たちの心を掴みましたので、見事マネーが成立しました。

そして、今は世界一のパスタ店を出店し、億万長者としての夢を果したようです。やはり、アイディアに熱い思いが吹き込まれると、それが無敵になるのでしょう。

学生のプレゼンテーション能力を高めるためにも、授業などでマネーの虎を見せ、実際にマネーの虎ごっこをやってみるのも良いと思います。

こういう経験はきっと面接のときにも役立つと思いますし、また、会社に入ってからも、プレゼンテーションする機会が多いですので、そのときにもきっと力を発揮してくれると思います。

ですから、授業で一度プレゼンテーションのポイントみたいなのを取り上げてみるのも良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする