スポンサーリンク

中国のビール

シェアする

中国にも、美味しいビールがたくさんあります。私もよく学生と一緒に中国のビールを飲みます。

中国の三大ビール

中国の三大ビールは青島ビール、雪花ビール、ハルビンビールです。青島ビールの本社は青島に、雪花ビールの本社は北京に、ハルビンビールの本社はハルビンにあります。これらの著名ビール以外にも、中国は広いですから、ご当地ビールがたくさんあります。

青島ビール

青島はかつてドイツの租借地でしたので、ドイツは青島で租借地経営の一環として、ビール生産の技術移転を行いました。ですから、青島ビールは、ドイツ製法が入っていますので、とても美味しいです。日本でも、中華レストランや大手のコンビニなどに青島ビールがあります。

雪花ビール

雪花ビールは、現在中国で最も生産量が多いビールで、中国のビール生産の約20%ぐらいを占めています。雪花ビールの生産は中国の19の省にある約60か所の工場で行なわれています。 ただ、雪花ビールの輸出量は少ないですので、日本ではなかなかお目に掛かれないビールです。

ハルビンビール

ハルビンビールは1900年にロシア人が設立した中国最古のビールです。

中国のビールは美味しいですが、ただ、アルコール度数が日本のビールに比べて、とても低いです。だいたい3%前後です。ですから、たくさん飲まなければ、全然酔いません。

また、中国はビールがとても安いです。水と同じぐらい安いです。それは酒税が日本と比べて、とても安いからです。中国の酒税は25%ぐらいです。中国ではビール1本600ml入りが3元~5元(約45円~75円)ぐらいで買えます。5元のビールであれば、1.25元(約19円)が酒税になります。
 

また、中国にも、外国のビールがたくさんあります。日本のビールも、もちろんあります。

中国でも、やはり、キリン、アサヒ、サントリーのビールが3強です。ただ、日本のビールは、中国のビールに比べて、かなり高いです。

中国のビールの習慣
 

日本人にとって、美味しいビールと言えば、キンキンに冷えた冷たいビールですが、中国では夏場は冷たいビールが飲まれることが多くなってきましたが、冬場はほとんどの人が常温で飲みます。

ですから、冬場は小さいお店には、冷たいビールがありません。大きなレストランには、冷たいビールもありますが、ただ冬場はキンキンに冷えたビールはありません。なぜなら、中国では、季節を問わず、冷たい物は、体に悪いという考えがあるからです。

そのため、レストランなどでも、水ではなく、お湯やお茶が出てきます。ですから、この時期、冷たいビールを頼むと、店員さんに驚かれて、白い目で見られてしまいます(笑)
 

また、中国では瓶ビールよりも、缶ビールのほうが高いです。詳しい理由はよくわかりませんが、おそらく、瓶は重いので、持ち運びが大変だから、値段が安いんだと思います。日本だと、逆で、瓶は重いので、輸送コストがかかる分、缶より高いのだと思います。

また、一般的に中国では小さいお店などで、瓶ビールを買った後、その瓶をお店に返すと、瓶のお金が戻ってきます。 一般的に5角(約7円)ぐらい戻ってきます。その理由は、予めビールに瓶代が上乗せされて、売られているからです。日本も昔、コーラの瓶がそのような感じでしたが。

中国のビールには当たりも

また、中国のビールは消費者思いと言いますか、遊び心があると言いますか、当たりが付いているものもあります。瓶の蓋に再来一瓶(もう1本)と書かれていたら、当たりです。

しかも、当たる確率もかなり高いです。私が以前1ケース(12本)買ったとき、6本が再来一瓶でした。なんと当たりが50%の確率でした。

私は当たったことはありませんが、中には再来一箱(もう1ケース)という当たりもあります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする