スポンサーリンク

中国語の授業

シェアする

外国人教師も中国語の授業を受けられる

外国人教師の場合は、一般的に、その大学に留学生部があれば、留学生部の中国語の授業を無料か、あるいは、格安で受けられます。ただ、教材は自分で買わなければなりませんが。

大学によっては、契約書にも、中国語の授業について、明記されている場合もあります。

留学生部の授業は、一般的に午前中に集中しています。ですから、午前中の自分の授業時間と重なった場合は、留学生部の中国語の授業を受けることができません。ですから、留学生とは違い、外国人教師は飛び飛びで授業を受けることになってしまいます。

留学生部の中国語の授業を受けると、もちろん中国語も上達しますし、留学生の友達もたくさん作ることができます。

大学に留学生部がない場合は

自分の大学が小規模で留学生部がなければ、近くの大学の留学生部の中国語の授業を受けることも可能です。その場合は、1学期1科目○○○○元という正規の授業料が取られる場合が多いです。

また、大都市の場合は、外国人向けの中国語の語学学校がたくさんありますので、そちらに通って、勉強するのも良いと思います。

一番お金がかからない方法は、日本語学科の学生に頼んで、中国語を教えてもらうことです。もし無料で教えてもらうのは気が引ける場合は、こちらも、日本語を教えてあげれば良いと思います。そうすれば、お互いの勉強になります。

ただ、日本語学科の学生に教えてもらうと、日本語ばかりで交流してしまう可能性もありますので、それが嫌な場合は、中国人学生を探して、家庭教師を頼むのもいいです。

その場合、对外汉语学院(外国人に中国語を教える学科)の学生を探すと良いです。さすが専門だけあって、教えるのが上手です。だいたい1時間20元~30元(約300円~450円)を払えば、きっと喜んで家庭教師をしてくれると思います。

なぜなら、学生にとっては、20元は高額だからです。中国では、マクドナルドやケンタッキーでアルバイトしたとしても、1時間だいたい7元~10元(約105円~150円)ぐらいしか稼げないからです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする