スポンサーリンク

日本のパスポートは世界最強

シェアする

日本のパスポートは世界最強

日本のパスポートは世界最強です。なぜなら、ビザなしで訪問できる国が世界で最多だからです。

日本のパスポートでビザなしで訪問できる国はなんと190もあります。つまり、日本のパスポートは世界で最も世界中に渡航しやすいパスポートということになります。

この世界最強のパスポートを簡単に手に入れることができる日本人はとても幸せだと思います。ですから、こんな幸運に恵まれている日本人はどんどん海外旅行をして、見識を深めるべきだと思います。

一方、中国のパスポートはビザなしで訪問できる国は74しかありません。

日本と中国の関係は昔から良くないですが、それでも中国政府は日本人にビザなしで中国に14日間滞在することを認めてくれています。ですから、中国が嫌いな日本人は中国政府のこの生粋な計らいを尊重するべきだと思います(笑)

一方、中国人が日本を訪れる場合にはビザが必要です。特に個人ビザの場合は敷居が高く、10万元(約150万円)以上の年収や5万元(約75万円)の預金や自分名義の不動産や車を所有していることなどが必要です。

ですから、日本が嫌いな中国人は日本政府のこの生粋な計らいを尊重するべきだと思います(笑)

日本のパスポートが最強の理由

なぜ日本のパスポートが世界で最強なのかと言いますと、おそらく日本人は海外に行ったとしても、不法滞在をしたり、犯罪を犯したりする人が少ないからだと思います。また、日本人は礼儀正しく、マナーがあり、お金も持っているので、世界中の国から観光客として来てほしいと思われているからだと思います。

つまり、日本人への信頼性と日本の経済力がパスポートをこのように最強にしているのです。

これは敗戦後から今日に至るまでの日本人が一生懸命努力して、築き上げてくれた大切な財産ですから、その恩を忘れず感謝し、海外に行ったときは日本人らしい行動を取りたいものです。

中国の学生たちに日本のパスポートが最強であるという話をした後、水戸黄門の印籠のように「このパスポートが目に入らぬか」と言って、見せたら良いと思います(笑)。おそらく学生たちは「パスポートが大きすぎて、目に入りません」と答えると思いますが(笑)

ちなみに、天皇陛下はパスポートを持っていません。なぜなら、天皇は日本国の象徴だからです。ですから、天皇が海外に行くときは顔パスのようです。さすが天皇陛下ですね。日本の誇りです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする