スポンサーリンク

日本での就労ビザ発給手続きに必要な7つの書類

シェアする

大学側が、中国での就労ビザ手続きが終わった後、大学から、日本での就労ビザ発給手続きのための書類が送られてきます。

 大学から送られてくる2つの重要書類

外国専家来華工作許可証

外国専家来華工作許可証は、国家外国専家局が中国での就業を許可したという証明書です。

被授権単位査証通知


被授権単位査証通知は、国家外国専家局の就業許可を受け、大学の管理監督官庁の省や市が、日本国内にある大使館宛てに発行した公文書です。

大学から、これらの書類が届いたら、東京にある中国大使館に行き、就労ビザ発給の手続きをします。遠方に住んでいる方は、中国大使館まで行って、申請するのは大変ですから、認証手続きと同様に、就労ビザ発給手続きも、代行業者を通じて、行うことができます。

私は、GYC旅行という代行業者を利用しました。こちらの代行業者は、代行手数料6000円、就労ビザ返信送料600円の合計6600円で、代行申請してくれます。


就労ビザ発給手続きに必要な7つの書類

就労ビザ発給手続きに必要な書類は以下の7点です。

①パスポート(有効期間6ヶ月以上、査証の空白ページ3ページ以上)
②写真1枚(4×3cm)
③外国専家来華工作許可証(原本)
④被授権単位査証通知(原本)
⑤ビザ申請表
⑥パスポートの写真付きページのコピー
⑦外国専家来華工作許可証の両面コピー

私はこれらの書類と代行手数料の6600円を現金書留で、代行業者に送りました。

代行業者に書類到着後、約1週間ぐらいで、パスポートに就労ビザが貼られたものが自宅に届きます。

これで、無事に日本での就労ビザ発給手続きは完了です。あとは、中国の大学へ赴任する日を待つのみです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする