スポンサーリンク

頻尿

シェアする

頻尿

ここ最近、私は頻尿になってきました。最近、寒くなってきたせいでしょうか、それとも、年齢とともに、前立腺の機能が弱まってきているせいでしょうか、1日に何回もトイレに行ってしまいます。

そのため、授業中もよくトイレに行きたくなってしまいます。しかし、授業中、小便のために、トイレには行けませんので、私は休み時間に必ず行くようにしています。

一般的には起床してから就寝するまでに、排尿回数が8回以上ある場合は頻尿だそうです。私は1日に10回以上はトイレに行っていますので、まさしく頻尿です。

しかも、私の場合は昼夜を問わず、トイレに行っています。夜もトイレのために、何回も目覚めてしまいます。そのせいで、最近、快眠できず、睡眠不足に陥ってしまっています。ですから、授業中、学生と同じく、欠伸ばかりしています。

頻尿が起こる原因は大きく分けて2つあります。①膀胱や前立腺などの泌尿器系の臓器に病気が存在しているために起こる頻尿。②特に原因などがなく起こる頻尿です。

私はどちらの原因なのかわかりませんが、②であることを願っています。②の中には心因性頻尿と言うものがあります。心因性頻尿は皆さんも経験したことがあるかもしれませんが、膀胱・尿道の病気もなく、また尿量も問題ないのにも関わらず、トイレのことが気になり、少し膀胱に尿が溜まっただけでも尿意を感じるようになって、何回もトイレに行ってしまう状態のことを言います。

ですから、神経質な人に起こりやすいと言えます。例えば、テスト中や長距離バスに乗った時、あるいはデートの時などに、トイレに行きたくなったらどうしようと考えるあまり、トイレに行きたくなってしまうというものです。

頻尿は授業にかかわらず、日常生活にも支障をきたしますので、私は最近あまり水分を取らないようにしたり、コーヒやお茶などのような利尿作用のある飲み物を飲まないようにしたり、運動をして、汗をかくようにしたりしています。

やはり中国在住の日本語教師にとっては健康がもっとも大事ですので、皆さんもお体にはくれぐれもお気を付けください。

飛行機は通路側

私は中国から日本に帰る時に飛行機に乗る時は通路側を選んでいます。なぜなら、飛行機に乗っている時は気圧の低下によって、普段よりも更にトイレに行きたくなってしまうからです。

気圧が下がると、人間の体の中の血液が膨張し、血圧が上がるそうです。そのため、体は血液が多くなったと勘違いし、余分な血液を排出するために、血液を肝臓でろ過して尿を作り、体外に排出しようとするそうです。ですから、飛行機に乗ると、おしっこが近くなるようです。

私が窓側に座った場合、隣の座席の人が寝てしまうと、トイレに行く時に、隣の人を起こしてしまわなければなりませんので、それがとても申し訳なく感じてしまい、隣の人が起きるまで、トイレを我慢してしまいます。ですから、その我慢が辛いので、私は気兼ねなく自由に何度でもトイレに行ける通路側の席を選んでいます。

これは私に限らず、大部分の日本人も同じようです。かつて「窓側と通路側どちらを選びますか」と言う、世界各国の人を対象にしたアンケートがあったそうです。そのアンケートで日本人は通路側を選ぶ人が53%を占め、この比率が世界一だったそうです。

このアンケート結果からわかることは日本人は世界で一番隣の人を起こすのが苦手な国民であるということです(笑)。日本人の国民性は人に迷惑を掛けてはいけないという自己犠牲の精神にありますから。

ちなみに、中国人の中にも、窓側に座ってしまったために、トイレに行けなかった人がいます。ただ、その理由は自己犠牲の精神からと言うよりも、中国人のプライドがそうさせてしまったようなのですが。

その理由とは飛行機の隣の席に美女が座っていたため、トイレに行くのが恥ずかしかったためです。私もこの男性の気持ちも分からないわけではないですが。

しかしながら、その結果、この男性はおしっこを我慢しすぎて、膀胱が破裂してしまいました。私はそこまで自分を犠牲にして、おしっこを我慢しなければならない理由はいささかも分からないのですが。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする