スポンサーリンク

中国のネット規制とお勧め無料VPN

シェアする

中国のネット規制

中国のネット利用者数が7億3100万人を超えました。これは欧州全体の人口並みです。このように中国のネット市場はとても大きいので、中国のIT業界はものすごく巨大な産業になっています。

このようにネット利用者数が増え続けてきているため、中国政府は、政府批判などを抑え込むために、ネット規制を強化しています。

特に、国外のサイトの閲覧がとても厳しく制限されており、今、現在、世界の主要1000サイトのうち、グーグルやユーチュブ、フェイスブック、ツイッターなどの言論などが激しい135のサイトが閲覧不能状態になっています。中国にとって都合の悪いサイトは、全部検閲の対象になっています。

もちろん、日本のサイトも規制の対象になっており、日本のサイトにアクセスすると、「このページは表示できません」と表示されるページもあります。中には、ブログも見られないものもあります。

また、国民のネット利用状況を監視するために、約200万人の監視員が常にネット上での言論を監視してしまいます。

ネット規制を潜り抜けられる

VPN

中国人にとっても、日本人にとっても、やはり、海外サイトが閲覧できないのは、とても不便です。こういうネット規制状況ですので、今、中国で大活躍しているのがVPN(仮想プライベートネットワーク)です。VPNを利用すれば、中国政府に規制されているサイトもすべて閲覧できるようになります。

VPNサービスを提供している企業は世界中にあります。もちろん、中国にもありますし、日本にもあります。

私は中国企業のVPNサービスは利用したことがないので、利用料はわからないのですが、日本企業のVPNサービスは、だいたい1か月1000円(約66元)ぐらいです。

VPNサービス行っている主な日本企業には、チョモランマVPNスイカVPNセカイVPNなどです。この中で、特にお勧めなのが、チョモランマVPNです。こちらのチョモランマVPNは、日本のクレジットカードがなくても、paypal(オンライン決済システム)で、支払うことができます。

お勧め無料VPNのVPN Gate

無料で閲覧できるサイトに、わざわざお金を払うのはもったいないと思われる方は、筑波大学の学術実験プロジェクトが提供している『VPN Gate』を利用する方法もあります。こちらのVPN Gateは無料で利用できます。

中国国内にも、無料で利用できるVPNサービスがありますが、セキュリティ対策などがしっかり行われていないのが実情です。しかしながら、こちらのVPN Gateは、筑波大学が運営しているだけあって、セキュリティ対策もしっかり行われています。

ですから、無料でVPNを利用したい方は、こちらのVPN Gateがお勧めです。私もよく利用しています。

しかも、こちらのVPN Gateは、IDやパスワードも要りません。専用ソフトをダウンロードした後、世界各国にある中継サーバーの中から1つ選択して、接続するだけで、すぐに使えます。ですから、とても便利です。

ただ、こちらのVPN Gateは、中国政府からしっかりマークされており、中国国内から専用ソフトをダウンロードすることができません。

ですから、こちらをどうしても利用したい方は、日本へ帰国したときに、専用ソフトをダウンロードするか、あるいは、中国国内で、先にVPNサービスを行っている企業の無料体験版に申し込み、VPN接続をしてから、専用ソフトをダウンロードするかです。

VPNまで許可制に

このようにVPNは中国滞在の日本人にとっては、無くてはならないものなのですが、しかしながら、2017年1月22日に、中国政府からある通達が出されました。その通達は「政府の許可なくインターネットのVPNの提供を禁じる」というものです。
 

 

この通達により、中国の「Great Firewall」と呼ばれるネット検閲システムが更に強化されることになり、今後は政府から許可を得ていないVPNは一切利用できなくなってしまいます。そのため、「壁越え」と言われる、海外サイトの閲覧が一層難しくなってしまいます。

おそらく、今回の規制により、日本のVPNサービスの会社も利用できなくなるのではないかと思われます。ですから、今後の日本のVPNサービスの会社の対応が気になるところです。日本のVPNサービスの会社もビジネスですから、きっと何らかの対策を講じてくれるとは思うのですが。
  
  
私も今VPNを利用しているので、明日からVPNが使えなくなるのではないかと心配しながら、毎日インターネットをしています。なぜなら、VPNが使えなくなると、私が利用しているほとんどのサイトが見られなくなり、中国に居ながらにして、真の情報が入手できなくなってしまうからです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『中国のネット規制とお勧め無料VPN』へのコメント

  1. 名前:岩田 投稿日:2017/09/25(月) 10:53:59 ID:6799c210c 返信

    初めまして。
    日本語講師として中国への赴任を予定しております岩田と申します。
    手続きの仕方を探してこのサイトにたどり着きました。

    簡潔に分かりやすい表現で具体的に書かれており、とても参考になります。
    このような経験に基づく知識をご披露頂き大変ありがたいです。

    この記事の中で触れられているVPN専用ソフトのダウンロードにありますように、他にも赴任前に日本で準備しておいた方が良いことなど、色々とあるかと思われますが、またご紹介頂けましたらと思います。
    特に、生活面以外の授業関連で日本で準備しておかないと現地で入手が困難な物と、一般的に現地で入手可能なものとの区別がつきません。例えばなるべく荷物は少なくしたいと思いますが、VPNの例の様にパソコンは日本で用意して各種設定を済ませておいた方が良いと分かります。一方、プリンターはインクのことを考慮したら現地で購入するほうが良さそうに思えますが、スキャナー付きプリンターが手頃な値段で極端な困難や労力なく入手できるのだろうか、などと色々不明なことに思い至ります。

    日本語教育関連の書籍なども重くてかさ張るので最低限にしたいと思いますが、後から必要になってから思うように入手できないなら、予防的に準備をしておいた方が良いか、移送コストとのバランスを考えた時に判断つきかねております。

    赴任する都市や環境により差異があり、明確な区別は簡単ではないかもしれませんが、サイト主様の経験から、初めて中国に赴任するなら、これだけは事前に揃えておいた方が良い、逆にこれは普通に手に入るから赴任してから揃えれば良い、と判断される目安などありましたら、是非ご紹介頂きましたらと存じます。

    • 名前:irohanihoheto 投稿日:2017/09/25(月) 17:59:25 ID:d0c253d31 返信

      岩田様、コメントしていただき、ありがとうございます。また、このサイトを参考にしてくださり、誠にありがとうございます。ご希望に添える内容を提供できるかどうかわかりませんが、岩田様に質問していただいた件を後日まとめて、記事にさせていただきたいと思います。参考にしていただけたら、幸いです。プリンターの件についてですが、中国はコピー屋があるため、プリンターが全然普及しておりません。ですから、パソコンショップなどに行っても、なかなか手に入れられません。ですから、ほとんどの人はタオバオなどのネットショップで買っています。タオバオを利用すれば、スキャナー付きのプリンターも安く買えます。先程調べてみましたが、canonの安いもので300元(4500円)ぐらいで買えます。しかも、中国はインクも安いですので、プリンターに関しましては、中国で買われたほうがよいと思います。それから、日本語の書籍の件についてですが、日本語の文法書は日本で買われておいたほうがよいと思います。中国にも日本語の文法書はありますが、ただ説明が中国語で書かれていることが多いですので。そのほかの会話などの教科書は中国でも手に入ります。中国は日本の教科書をそのままパクって、出版していることが多いですので。ですから、他の書籍は中国で買われても問題がないように思います。ただ、日本でとても良い書籍があって、これは使えると思った書籍がありましたら、事前に日本で買われておいたほうが良いと思います。また、中国語の教科書に関しましても、文法書は日本で買っておいたほうがよいと思います。なぜなら、こちらの中国の文法書は英語で説明が書かれていたり、中国語で説明が書かれていたりしますので。そのほかの中国語の教科書は中国で買ったほうが安いです。また、何かご質問がございましたら、コメント欄にでもお書きいただければと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

  2. 名前:岩田 投稿日:2017/09/27(水) 11:04:29 ID:07e3e12fd 返信

    早速のお返事、ありがとうございます。
    プリンターや書籍の件、特に中国語文法書の事は、思い至っておりませんでした。
    今後共、参考にさせて頂き、準備を進めていきたいとおもいます。
    これからもよろしくおねがいします。