スポンサーリンク

中国の大学の日本語教師の給料以外の待遇

シェアする

日本の給料と比べれば、中国の大学の日本語教師の給料はとても安いですが、しかしながら、その他の待遇がとても良いです。

住居費

大学が、大学内、あるいは、大学の近くにある住居を無料で提供してくれます。大学によって、住居の新しさや広さも違いますが、2LDKの住居が一般的です。中には、ホテルタイプの住居がある大学もあります。

住居内の内装は、簡単な作りですが、テレビや冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器、ミネラルウオーターサーバーなどの家電をはじめ、ベット、箪笥、机、椅子などの家具、布団、調理道具、食器などがすべて揃っています。

大学によっては、パソコンやプリンターが完備されている大学もあります。

また、学外で住むことを認めている大学の場合、1000元~2000元ぐらいの住居費を出してくれる大学もあります。しかし、その場合は、光熱費は一般的に自分持ちです。

光熱費

電気・ガス・水道などの光熱費も、大学が負担してくれます。ただ、電気代に関しては、全額負担の大学もあれば、1ヶ月○○○度数まで、あるいは、1ヶ月○○○元まで負担、それを超えた場合は、自己負担という大学もあります。

また、水道代とは別に、毎週、ウオーターサーバー用のミネラルウオーターを無料で提供してくれる大学もあります。

電話代・インターネット代

住居内に固定電話がある場合は、大学が国内電話代を全額負担、あるいは○○○元まで、負担してくれる大学もあります。インターネット代も一般的に大学が負担してくれます。

航空券代

1年契約の場合だと、往復航空券代が出ます。一般的に往復○○○○元までという上限がある大学がほとんどです。

半年契約の場合だと、片道航空券代しか出ません。航空券代は、領収書で清算します。

大学によっては、航空券代を往復○○○○元という決まった額で出す大学もあります。例えば、航空券代往復8000元というような感じです。

その場合は、前学期終了時に4000元、後学期終了時に4000元が出ます。ですから、このような場合は、安い航空券を買えば、余ったお金を自分で使えるというメリットがあります。
   
  
旅行手当

前学期終了時、後学期終了時に1回ずつ、旅行手当として、1000元ぐらい出ます。大学によっては、現金支給ではなく、外国人教師みんなで、どこかへ旅行に行く大学もあります。
 

保険代

大学が中国の医療保険や損害保険などを掛けてくれます。大学によっては、自分で保険代を払わなければならない大学もあります。ただ、そういう大学はごく僅かです。

送迎サービス

大学赴任時に空港から大学までの送迎サービスがあります。大学によっては、離任時にも大学から空港までの送迎サービスがある大学もあります。

その他

その他の待遇として、毎月食事手当が出たり、留学生部の中国語の授業を無料で聴講できたり、中国の祝日(中秋節や春節など)のときに、月餅や食べ物などがもらえる大学もあります。

また、年に2回ぐらい、国際合作部が外国人教師のためにパーティを開き、みんなで食事をしたりする大学もあります

中国の大学の日本語教師の給料はとても安いですが、このように他の待遇がとても良いですので、贅沢な生活をしなければ、貯金をすることもできます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする