スポンサーリンク

中国の大学のコピーの店

シェアする

中国の大学のコピーの店

大学の中に复印店(コピーの店)があります。コピーの店では、コピーもできますし、ワードの文章などをプリントアウトすることもできます。また、スキャンもできたり、写真を印刷したり、証明写真を撮ることもできます。

中国では、まだまだ家庭にプリンターやスキャナーが普及していませんので、大学の中に限らず、コピーの店がたくさんあります。

コピーは自分でできない

コピーの店では、コピーは自分ですることはできません。店員さんがすべてコピーしてくれます。もう至れり尽くせりです(笑)。その理由は、コピー機を壊されたら困るからです。ですから、中国の人は、コピー機の使い方がわからない人が多いです。

コピーの店は、いつも学生たちで込み合っています。特に、卒業論文の時期はとても込み合います。日本のようにコンビニにコピー機がないので、コピーするときは、必然的にコピーの店を利用することになります。

ワードなどの文章をプリントアウトしたいときは、店員さんにメモリーカードを渡せば、店員さんが、プリントアウトしてくれます。

コピーの値段

一般的に、外の店でコピーするよりも、大学内の店でコピーするほうが値段が安いです。コピーの場合は、大学内の店だと1枚1角(約1.5円)、外の店だと1枚2角(約3円)ぐらいです。大量にコピーする場合は、安くしてくれます。

プリントアウトの場合は、大学内の店だと1枚2角(約3円)、外の店だと1枚5角(約7.5円)ぐらいが相場です。プリントアウトは、店員さんの手間がちょっとかかるので、コピーよりも高いです。お金を払うときは、最後に紙の枚数を数えて、払います。

また、もし教科書が難し過ぎたり、簡単過ぎたりして、学生のレベルと合わない場合は、学生と相談した後、他の教科書をまるまる1冊コピーして、授業で使うこともできます。

だいたい1冊20元(約300円)ぐらいで、教科書1冊コピーすることができます。ですから、コピーしたほうが、教科書を買うよりとても安く済ませることができます。

このように教科書のコピーも、店員さんが全部やってくれます。しかも、表紙もつけてくれます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする