スポンサーリンク

五十音ゲームと五十音カルタ

シェアする

五十音ゲーム

五十音ゲームはカルタのように五十音の文字を早く取るゲームです。五十音を教え終わった後にすぐやると良いです。平仮名を教え終わった後は平仮名で、片仮名を教え終わった後は、片仮名でやると、とても効果的です。

五十音ゲームは1グループ4人ぐらいでやると良いです。

まず、五十音のカードをこのように机の上や床の上に広げます。その後、教師が適当に五十音を1つずつ言っていきます。学生の中には、五十音を聞き間違える学生もいますので、五十音を言った後、黒板に1つずつ書いてあげると良いです。

教師は学生が1枚カードを取るごとに、学生にその場でカードを上げさせ、正しい物を取ったかどうかを確認します。もし、間違えたカードを取っていたら、1回休みにします。一番多くカードを取った人が勝ちになります。

この五十音ゲームは個人戦ですが、この五十音ゲームが終わった後、このカードを五十音順に並べるゲームにすると、グループ戦にすることができます。こちらは、1番早く五十音順に並べたグループが勝ちになります。

こちらのゲームは、先ほどまでライバルだった人たちが、今度は仲間になり、みんなで協力しながら、五十音を並べるところがとても魅力的です。

五十音カルタ

五十音カルタはその名の通り、五十音のカルタです。

五十音カルタをする時に必要な物は読み札と絵札です。読み札と絵札は「あ行」から「わ行」までの44文字(「を」「ん」を除く)で作ると良いです。

読み札と絵札を教師が全部作るのは大変ですから、学生と一緒に作ると良いです。30人クラスの場合は、1人1文字~2文字作れば済みます。もし授業中、時間がなければ、宿題にして、作って来てもらうと良いです。

読み札を作る時は、必ず「あ」から始まる文を作ってもらいます。文は日常生活の中の身近なことを題材にしたら、作りやすいです。

例えば、「朝6時に起きます」「明日テストがあります」のような感じでです。読み札が出来上がったら、次に、その読み札の絵札を作ってもらいます。ですから、絵が苦手な人には、あらかじめ、絵を描きやすい読み札を作るように伝えておいたほうが良いです。読み札は1枚作ってもらえばいいですが、絵札は7枚ぐらい同じ物を作ってもらいます。

そうすれば、全員がカルタを作った後、グループに分かれて、カルタ大会を開くことができます。

もし時間があれば、グループ内で1位になった人同士で、決勝戦を行ったりすると、とても盛り上がります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする