スポンサーリンク

中国の母の日

シェアする

中国の母の日

今日(5月の第2日曜日)は、中国も母の日です。

日本と同じく中国でも、日頃お世話になっているお母さんにカーネーションやメッセージカード、プレゼントなどを贈ります。

また、お母さんに電話を掛けて感謝の気持ちを伝えたり、お母さんと一緒に食事をしたりして、母親孝行をします。

また、学生は微博や微信などにも、自分とお母さんの写真をアップし、クラスメートや友達などと思いを共有したりもします。女子学生に限らず、男子学生もです。日本の男子学生の場合は、ちょっと照れくさいので、そのようなことはあまりしないと思いますが、中国は儒教の国ですから、家族をとても大切にするので、家族の絆がとても強いです。

中国の母を想う歌

こちらは母の日になると、中国でよく耳にする雲朵さんの「雲朵」という歌です。

歌詞の内容はお母さんの元を離れて暮らしている娘が、お母さんのことを回想しながら、お母さんを想うというものです。歌詞の内容がとても感動的ですので、作文の授業や翻訳などの授業で、この歌詞を翻訳する授業を展開することもできます。きっと、この歌を聞くと、親元を離れて、大学で生活している学生たちは、お母さんのことを想い、涙ぐむと思います。

時間が余ったら、最後に、みんなでこの歌を歌うのもいいかもしれません。ただ、雲朵さんの歌はキーがとても高いですので、後半は誰も歌うことができないかもしれませんが(笑)

また、日本で有名な「かあさんの歌」を紹介するのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする