スポンサーリンク

昔話の読解教材㉒ 『三匹の子豚』

シェアする

『三匹の子豚』の本文と単語・文法

昔、昔、あるところに、三匹の子豚がいました。子豚の名前は、一番のお兄さんが『大豚ちゃん』、二番目のお兄さんが『中豚ちゃん』、三番目の弟が『小豚ちゃん』です。

三匹の子豚は、それぞれ、自分のお家を造ることにしました。大豚ちゃんは、藁お家を造ることにしました。縄藁をギュッ、ギュッ、ギュッと縛って、造りました。中豚ちゃんは、木お家を造ることにしました。木に釘をトン、トン、トンと打って、造りました。小豚ちゃんは、「僕のお家は藁でも木でもなく、堅くて丈夫なレンガで造ろう」と言って、重いレンガをヨイショ、ヨイショ、ヨイショと一生懸命運び、積み上げて、造りました。「わーい、出来た、出来た」自分たちのお家が出来て、三匹の子豚はとてもご機嫌でした。

ある日、山に住んでいる悪い狼が大豚ちゃんのお家にやって来て、「大豚ちゃん、大豚ちゃん、ここを開けて。僕をお家に入れて」と言いました。大豚ちゃんは、びっくりして、「とんでもない。絶対に嫌だ。」と言いました。すると狼は、恐ろしい声で怒鳴り、「よーし、それなら、こんな家なんか、僕の自慢の息で、吹き飛ばしてやる」と言いました。狼がほっペを膨らませて、ふーっと息を吹いたら、大豚ちゃんの藁のお家は、バラバラに吹き飛んでしまいました。そして、狼は大豚ちゃんを捕まえて、ペロリと食べてしまいました。

それから、狼は中豚ちゃんの木のお家にやって来て、「中豚ブタちゃん、中豚ちゃん、ここを開けて。僕をお家へ入れて」と言いました。中豚ちゃんはびっくりして、戸を押さえて、「とんでもない。絶対に嫌だ」と言いました。すると、狼は恐ろしい声で怒鳴りました。「よーし、それなら、こんな家なんか、僕の自慢の息で、吹き飛ばしてやる」と言いました。狼がふーっと息を吹きましたが、木の家はなかなか壊れません。「よし、こうなったら、体当たりだ」狼は勢いをつけて、木の家に体当たりをしました。どしーん。木のお家は、バラバラに壊れてしまいました。そして、狼は、中豚ちゃんをペロリと食べてしまいました。

それから、狼は、小豚ちゃんのレンガのお家へやって来て、「小豚ちゃん、小豚ちゃん、ここを開けて。僕をお家に入れて」と言いました。小豚ちゃんもびっくりして、「とんでもない。絶対に嫌だ」と言いました。すると、狼は恐ろしい声で、怒鳴りました。「よーし、それなら、こんな家なんか、僕の自慢の息で、吹き飛ばしてやる」と言いました。狼が、ふーっと息を吹きましたが、レンガの家はびくともしません。「よーし、こうなったら、体当たりだ」狼は勢いをつけて、レンガの家に体当たりをしました。ドシーン。でも、レンガの家はびくともしませんでした。狼は唸りました。「こうなったら、煙突から降りて、小豚ちゃんを食べてやる」

それを聞いた小豚ちゃんは、大急ぎで大きな鍋にお湯を沸かしました。どんどん火を燃やしたので、お湯がぐつぐつと沸きました。煙突から降りて来た狼は、そのお湯の中にぽちゃーんと落ちました。「熱い、熱いよー。助けて」と泣き叫ぶ狼に、小豚ちゃんが言いました。「じゃあ、もう悪い事はしない?」「しない、しない。絶対にしない」「じゃあ、食べたお兄さんたちを返してくれる」「返す。返す。だから早く助けて」「よし、約束だよ」

小豚ちゃんが狼を鍋から出してあげると、狼は食べた大豚ちゃんと中豚ちゃんを吐き出して、泣きながら、山に逃げて行きました。助かった大豚ちゃんと中豚ちゃんは、小豚ちゃんにお礼を言い、小豚ちゃんのレンガの家で、ずっと仲良く暮らしました。

単語

造る 藁 縛る 釘 運ぶ 積み上げる  ご機嫌 怒鳴る ほっぺ 膨らませる 吹く バラバラ 吹き飛ぶ 捕まえる ペロリ 体当たり 勢いをつける 唸る 煙突 沸かす 泣き叫ぶ 吐き出す

文法

動詞(辞書形)+ことにしました  (材料)+で  名詞+なんか 

『三匹の子豚』の内容確認の質問

①3匹の子豚はそれぞれ何で家を造りましたか。
○○さんなら、何で家を造りますか。それはどうしてですか。
大豚ちゃんの家の長所と短所は何ですか。
中豚ちゃんの家の長所と短所は何ですか。
小豚ちゃんの家の長所と短所は何ですか。
狼は小豚ちゃんの家でどうすれば良かったと思いますか。
この昔話は読者にどんなことを伝えようとしていると思いますか。

この昔話は、擬声語が多いですので、擬声語の勉強をすることもできます。また、昔話の内容も簡単ですので、1年生の読解の授業でも、十分使えます。

特に、1年生は日本語で書かれた文章を今の自分の力で理解できることに大きな喜びを感じるとともに、それが大きな自信にもつながっていきます。ですから、このような小さな成功体験の積み重ねが、やる気を引き出す上でも、とても大事だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする