スポンサーリンク

中国の5月20日は愛の日

シェアする

中国の5月20日は愛の日

今日は5月20日です。日本では何の記念日でもないですが、中国では今日は愛の日です。

なぜ今日5月20日が愛の日かと言いますと、520(wu er ling)の発音が我爱你(wo ai ni)の発音と似ているからです。これはもともとは、范晓萱さんの『数字恋愛』という歌の歌詞に『520我爱你』とあり、これが愛の日の起源になったようです。

ですから、中国では、この愛の日に、告白したり、結婚したりする人が多くいます。

また、この5月20日にちなんで、微信で愛する人に、520元や、52.0元、5.20元の紅包を送る人も多くいます。ただ、5.20元しか送らなかった場合、私への愛はその程度のものなのかということで、破局や離婚をしてしまうこともあるかもしれませんので、注意が必要ですが(笑)

日本と中国の「初恋」の意味の違い

日本と中国では「初恋」の意味が違います。日本の初恋は「初めて人を好きになること」ですが、中国の初恋は「初めて異性と付き合うこと」です。

ですから、中国の学生に、このことを説明せずに、「私の初恋は幼稚園の時です。相手は幼稚園の先生です」と言うと、みんなびっくりします。さらに、「男の子の場合はお母さんに、女の子の場合はお父さんに初恋をすることも多いです」というと更にびっくりします。

逆に、日本人はこれを知らずに、中国の学生に「あなたの初恋はいつですか」と聞いたとき、「私の初恋はまだです」と言われると、びっくりすると思います(笑)

漢字の字面では、確かにどちらの意味でも取れるかもしれませんが、どうしてこういう違いが生まれたのかや、世界の他の国ではどうなのかについて調べてみると、結構面白いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする