スポンサーリンク

中国の大学の日本語教師の給料

シェアする

給料の相場

中国の大学の日本語教師の給料は、大都市の場合ですと、物価が高いですので、だいたい6000元~8000元(約9万円~12万円 1元15円換算)、地方都市の場合ですと、物価が安いですので、だいたい4000元~6000元(約6万円~9万円 1元15円換算)が相場です。

ただ、大都市の場合でも、日本人がたくさんいる都市や日本人に人気がある都市は、日本人教師を集めやすいので、給料を低くしている大学もあります。

逆に、地方都市の場合でも、日本人が全然いない都市や、日本人に知名度が低い都市は、給料を高くしないと、日本人教師を集められないので、給料を高くしている大学もあります。

大学院を卒業していたら、給料が高くなります。一般的に修士卒の場合は+500元(+7500円)、博士卒の場合は+1000元(+15000円)UPする大学が多いです。

また、日本語教師の資格などを持っていたりしたら、+αの給料が出る大学もあります。

どの大学も1週間の上限コマ数が決まっています。上限コマ数は、どの大学も、だいたい1週間16コマ~20コマ(1コマ45分~50分の授業)ぐらいです。

上限コマ数を超えた場合は、1コマ100元ぐらいの授業手当が出ます。逆に、授業数が上限コマ数に満たないからといって、給料を減らされたりはしません。
 

夏休み・冬休み中の給料

夏休み・冬休み中の給料は、どちらか一方が出ます。9月採用の場合は冬休み中の給料が、3月採用の場合は夏休み中の給料が出ます。

中国の大学の契約期間は1年で、新年度が始まる9月採用の場合は、一般的に9月1日から、翌年の6月30日までです。

ですから、翌年、契約更新をする場合は、また改めて9月1日からの契約をすることになります。そのため、夏休み中の給料が支払われません。ですから、実質10か月分の給料しか出ません。

ただ、大学によっては、翌年度、契約を更新したら、夏休み中の給料を出す大学もあります。また、契約を更新する度に、給料がアップする大学もあります。 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする