スポンサーリンク

形容詞ビンゴ

シェアする

形容詞ビンゴ

形容詞ビンゴは、その名の通り、形容詞を使ったビンゴです。形容詞ビンゴは一通り形容詞の単語を教え終わった後や、形容詞の復習をするときなどにお勧めです。

形容詞ビンゴの遊び方

まず、学生たちにビンゴ用紙を配ります。

ビンゴ用紙のマス目は4×4か5×5ぐらいがちょうど良いと思います。

ビンゴ用紙を配ったら、まず、マス目全部に自由に形容詞を書いてもらいます。中国にはビンゴゲームみたいなものはないですので、全員が形容詞を書き終わったら、次にルールを説明します。例えば、教師が言った形容詞があったら、×を付けることや、縦か横か斜めのラインが1列揃ったらビンゴと言うなどです。

ルールを説明し終わった後、教師が適当に形容詞を言っていきます。ただ、1年生の場合は形容詞を聞き取れないことがありますので、形容詞を1つずつ黒板に書いてあげると良いです。また、学生たちが習った形容詞を次々に言っていくのが良いですが、時に「惜しい」とか「もったいない」などの習っていない形容詞を入れても良いです。こうすることで、復習だけではなく、新しい形容詞にも触れることができます。

学生は教師が言った形容詞があったら、×を付けていきますが、その時に、もし時間があれば、その形容詞を使って、文を作ってもらい、正しい文が作れたら、OKとし、×を付けさせると更に効果的です。例えば、「大きい」でしたら、「中国は大きいです」のような感じでです。この方法で行うと、形容詞が定着しやすくなります。

形容詞ビンゴは、い形容詞・な形容詞別でやると効果的です。また、1列揃ったら終わりだと早く終わってしまいますので、2列揃ったら終わりにしたり、縦横斜め3列揃ったら終わりにしたりすると良いです。

ビンゴした順にお菓子などの景品をあげたら、更に盛り上がります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする