スポンサーリンク

中国の端午節

シェアする

中国の端午節

今日5月30日(旧暦の5月5日)は中国の端午節です。端午節は、春節、中秋節と並び、中国の三大伝統節句の1つになっています。

端午節には海や川で龙船赛と呼ばれるドラゴンボートレースが行われたり、粽を食べたりします。

端午節の由来

端午節の由来は、楚の時代まで遡ります。楚の時代に国王の側近である屈原という政治家がいました。

屈原は政治家だけではなく、詩人でもありました。屈原は今の時代の政治家たちとは違い、国や国民を思う気持ちが強かったため、国民から信頼されていました。

しかしながら、いつの時代もそうですが、それを妬む政治家たちもおり、屈原は彼らの陰謀により失脚し、国を追われてしまいました。屈原は、この時代、まさしく、いつも四面楚歌のような感じだったのでしょう。

その結果、屈原は、川に身を投げて、自殺をしてしまいました。それを知った人々は、屈原を探すために、すぐに川に船を出しました。しかし、屈原は見つかりませんでした。

人々は、屈原の死体が魚の餌になるのは気の毒だと考え、船で太鼓を叩き、魚を追い払ったり、川に粽を撒いて、屈原の死体が食べられないようにしたりしました。

国民に尽くした屈原は、その死後も人々から愛され、毎年この時期になると、人々は屈原を思い偲んで、川に船を出したり、粽を川に投げ入れたりして、屈原の冥福と国の安泰を祈願するようになりました。

また、5月のこの時期は、急に暑くなるため、病気にかかりやすく、亡くなる人も多くいたため、病気にならないように、健康をも祈願するようになりました。

このようにして、端午節の習慣が生まれ、現在に至っています。

ドラゴンボートレース

中国では、端午節の時期に、各地でドラゴンボートレースが行われます。

中国では、端午節にかかわらず、マリンスポーツとして、海や川でよくドラゴンボートレースが行われています。

なぜドラゴンボートレースと言うかと言いますと、ボートの船首が龍になっているからです。また、船体にも龍の柄が描かれています。

ボートに乗る人は、舵を取る人1人、太鼓を叩く人1人、それから、20人~30人ぐらいのボートを漕ぐ人たちです。ボートは細長いですので、バランスを取るのがとても大変です。長いボートになると、ボートを漕ぐ人たちが50人ぐらいになるときもあります。

こちらが実際のレースの映像です。私も端午節に1度ドラゴンボートレースを見に行ったことがありますが、現場で見ると、やはり、とても迫力がありました。

太鼓を叩くのは、魚を追い払うためではなく、漕ぎ手たちのリズムを取るためです。全員が一心一体となって、ボートを漕ぎます。ですから、映像を見ていただければお分かりいただけると思うのですが、スピードもとても速いです。

粽を食べる習慣

端午節には粽を食べる習慣があります。粽はもち米を笹の葉などで三角形に包み、煮たり、蒸したりしたものです。笹の葉は殺菌効果があるため、米の保存方法として、古くから利用されてきました。そのため、粽は保存食として、古代から食べられていました。

日本でも、昔は、おにぎりをよく笹の葉に包んで、遠足に持って行ったり、保存していたりしましたが。

中国はとても広大ですから、ご当地ビールならぬ、ご当地粽が各地にあります。

南方ではこちらの「蛋黄鲜肉粽子」と呼ばれる粽がよく食べられています。こちらの粽の中には、肉や卵などが入っています。ですから、とても美味しいです。

その他には、海鮮が入っている粽や、小豆が入っている粽など、様々な種類の粽があります。

端午節の時期になると、スーパーなどで粽が売られ始めます。

粽は自分でも食べますが、周りの人の幸せも祈願するために、日頃お世話になっている方にもよく配ります。

私もよく学生から粽をもらいます。学生がくれるのは、食堂やスーパーなどで買った物が多いですが、時々、学生の家族が作った手作りの粽をもらうこともあります。

学校によっては、みんなで粽を一緒に作ることもありますが、ただ、粽は作るのに手間がかかるためでしょうか、餃子とは違って、そういう機会はとても少ないのが現実です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする