スポンサーリンク

会話の授業のモデル会話での音読指導の方法

シェアする

会話の授業のモデル会話で、まず大切なのは、音読指導だと思います。モデル会話をスラスラ読めるようになってはじめて、流暢に会話ができるようになると思うからです。
 

「みんなの日本語」モデル会話

図書館の人:はい、みどり図書館です。
カリナ:あのう、そちらまで、どうやって行きますか。
図書館の人:本田駅から12番のバスに乗って、図書館前で降りてください。3つ目です。
カリナ:3つ目ですね。
図書館の人:ええ、降りると、前に公園があります。図書館はその公園の中の白い建物です。
カリナ:わかりました。それから、本を借りるとき、何か要りますか。
図書館の人:外国の方ですか。
カリナ:はい。
図書館の人:じゃ、外国人登録証を持って来てください。
カリナ:はい。どうもありがとうございました。

こちらは、「みんなの日本語」第23課のモデル会話です。

音読指導の方法

私は会話の授業でモデル会話を音読指導するとき、以下の手順でやっています。

 

①追い読み

まず、教師の後に続いて、1文ずつ読ませています。ただ、文が長い場合は、読むのが大変ですので、1文を区切りながら、読ませています。
 


②交代読み

 

追い読みの後に、次は交代読みをさせています。例えば、廊下側の半分(図書館の人)、窓側の半分(カリナさん)で読ませています。読み終わったら、役割を交代します。

毎回、同じ形の交代読みでは、学生も飽きてきますので、毎回交代読みにバリエーションをつけています。

例えば、男子(図書館の人)、女子(カリナさん)であったり、1月生まれ~6月生まれ(図書館の人)、7月~12月生まれ(カリナさん)であったり、A型・B型(図書館の人)、AB型・O型(カリナさん)であったり、先生が好きな人(図書館の人)、先生が嫌いな人(カリナさん)であったりです。

時には、9対1の割合になる場合もありますが、その場合は、私が少ないほうに入って、一緒に読んでいます。

③二人読み

交代読みが終わったら、隣の人と二人ペアになって、役割交代をさせながら、何回も読ませています。

二人のペアがスラスラ言えるようになってきたら、二人のペアで、教科書を見ないで、モデル会話がスラスラ言えるように、暗唱させています。
 
  

④発表読み

私は二人読みのときに、机間巡視して、ペアの会話を聞いてます。その時に、教科書を見ないで、モデル会話をスラスラ言えるようになったペアをチェックし、その後、その何組かのペアに、教室の前で、暗唱させています。

暗唱させるときは、そのモデル会話にあった動作なども入れさせ、演技をさせています。そうすることで、会話に臨場感が出て、会話を聞いているほうも、楽しみながら、聞くことができます。

 

⑤スピード読み

 

発表読みが終わったら、スピードを上げて、教師の後に続いて、全員でもう1度、追い読みをしています。この時点で、学生たちは、会話文がだいたいスラスラ読めるようになっています。
 
  
⑥暗唱読み

最後の締めとして、教科書を見ないで、全員ですべての会話文を暗唱させています。そのときは、天井を見ながら、暗唱させています。

教科書を閉じてしまうと、暗唱がうろ覚えの人は参加できなくなりますので、その場合は、教科書をちらちら見ながらでも、良いことにしています。

私も暗唱読みに一緒に参加していますが、意外にも私よりも学生たちのほうがしっかり覚えています。ですから、私が自分の言い間違えに気づいて、すぐさま直したときなどは、笑いが起きます。

このように段階を踏んで、音読指導していくと、最後には、学生たちがスラスラ会話文が読めるになります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする