スポンサーリンク

日本の緊急経済対策3

シェアする

日本の緊急経済対策3

前回の喜びも束の間、現金30万の給付対象者がもともとの住民税非課税世帯は対象外になってしまいました。どうやら収入が住民税非課税世帯並みに減少した世帯を対象にするようです。

安倍首相は日本がこんな状況なのにもかかわらず、「一律支給も検討したが、収入に影響がない人に支給するのはどうなのか。どこかで線引きしないといけない」と言っていますが、実際は30万円の支給の条件はとても厳しいため、収入に影響している人にも支給されないというのが現実です。

また、安倍首相は「みなさんの声は私たちに届いています。ですから、国民に希望を見い出せるように早急に政策を実施します」と言っていますが、私は「届いてねぇーよ」と拡声器を使って、安倍首相に言ってやりたいぐらいです。

絶対に国民の声なんて届いていませんし、こんな国にいったいどんな希望を見い出せると言うのでしょうか。

これだけ国民から一律給付を希望する声が多いというのに、今の政権は馬耳東風、馬の耳に念仏状態です。

国民の声に耳を傾け、国民の生活に寄り添うのが政治の原理のはずなのに、今の政権は自分の声に耳を傾け、自分の生活に寄り添うのが政治の原理になってしまっています。

これだけ自国民が苦しんでいるのにもかかわらず、自国民にはびた一文も還元せず、IMFには多額のお金を拠出しています。言うまでもありませんが、もう日本の政治は腐りきっています。このように国民を置き去りにして、こんな愚策を押し通す日本政府に私は心底嫌気がさしてきました。

もし現金が一律に給付されるのであれば、仕事を休もうとか店を閉めようとかの決断をすることができますが、このように何もなければ、その選択すらできない人が大部分でしょう。ですから、今の日本国民はコロナで死ぬか、経済で死ぬかの究極の選択を強いられています。まさしくロシアンルーレット状態にあります。

日本国民がこのように究極の選択を強いられているというのに、政府からの支給はたったのマスク2枚です。しかも、あんな給食当番みたいなマスクです。もう国民は絶望感と不信感しかないでしょう。今の政権のスローガンは

「一億総玉砕!贅沢は敵だ!欲しがりません、勝つまでは!」なんでしょう。

こんな政府に嫌気がさした私はもう決めました。

クソ政権め、覚えていやがれ!!!

やられたら、やり返す、倍返しだ!!!!!

いや、100倍返しだ!!!!!!!!

次回の選挙では今の政府に100倍返しをしてやると決意しました。私も消費税や酒税をちゃんと払っていますので、言わせてもらいますが、国民の血税を何だと思っているんだ!!!!!

今の政権も雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す銀行とまったく同じです。

最近は日本のいろいろな知り合いから、中国の給料で、今の日本での生活は厳しいんじゃないのという心配の声が寄せられようになってきました。

今の日本は新型コロナウイルスが収まる気配が微塵もない状況ですので、今後の日本国民の生活はいったいどうなっていってしまうのでしょうか。全然期待はしていませんが、もし安倍首相に私の最後の言葉が届くのであれば、新たな緊急経済対策を早急にお願いしたいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする