スポンサーリンク

14億人の民族の大移動の春運

シェアする

今日(2017年1月27日)は中国の除夕(大晦日)で、明日は春節です。

春節を迎える前の春運

中国人にとって、春節は1年で最も大切な日ですので、家族団らんで過ごすために、中国の全国民が一斉に故郷へ帰ります。全国各地から来ている大学生はもちろん、出稼ぎの人たちもみな帰省します。

帰省のために始まるのが、春運と呼ばれる14億人の民族の大移動です。春運はだいたい春節を迎える1週間ぐらい前から始まります。

春運の時期の駅の様子

春運の時期は、毎年、駅の切符売り場は人、人、人、人だらけになります。ですから、毎年、春運の時期は、切符を手に入れるのも至難の業です。

ただ、数年前からインターネットでも切符が買えるようになりましたので、今は駅で並んで買う必要がなくなりました。ですから、切符を買うのがかなり楽になりました。

しかしながら、中には、パソコンが使えない人たちもいますので、その人たちは切符が買えないという新たな問題も生じています。

学生は学生割引が使えるのですが、ただ、学生割引を使う場合は、学生証を提示しなければならないですので、窓口で買わなければなりません。ですから、学生は切符を買うのはとても大変です。

春運の時期は、駅の中の切符売り場だけでは、お客さんを捌き切れないので、外にも臨時の切符窓口が特設されます。また、春運の時期は、たくさんの臨時列車も運行されます。

春運の時期は、駅の外もこんな感じですので、駅の中に入るのも一苦労です。なぜなら、中国は駅に入るとき、荷物検査と身分証の提示が求められるので、かなり時間がかかるからです。

駅の待合室もこんな感じです。座る場所すらなくなります。

座らないで長時間待つのは大変ですから、階段や床に座ったりして待ちます。

改札のときも、もちろん長蛇の列になります。改札の前からたくさんの人が並びます。なぜなら、早く並ばなければ、列車の中の荷物棚に荷物が置けなくなるからです。

春運の時期の列車内の様子

駅のホームもこんな感じです。ですから、春運の時期は列車のダイヤがとても乱れます。

もう中に入れないぐらい通路が混むと、窓から入ります。春運の時期は、故郷へ帰るのも命がけなのです。

列車の中も、もちろんこのような感じです。春運の時期は、臨時列車もたくさん運行されるのですが、それでも席が足りず、立ち席の切符がたくさん販売されます。ですから、このような状況に陥ります。

もう立つ場所も歩く場所もないぐらい込み合います。ですから、トイレに行くのも大変です。しかしながら、このような状況でも、驚くことに、カートでの車内販売が来ます。さすが商売魂120%の国中国です(笑) 

たくさんのお土産を携えて帰省

春節は出稼ぎ労働者にとっては、1年に1度家族と一緒に過ごせる大切な日でもありますので、家族のために、毎日必死で稼いだお金で、家族へのプレゼントを買って、それを大事に携え、帰省します。そこには、とても感動的なドラマがあります。

中には子供たちに腹いっぱいの肉を食べさせたいということで、豚を携えて帰る人もいます(笑)

春運の時期はとても込みますので、この時期に旅行をすることはあまりお勧めできません。ただ、この時期は移動はかなり大変ですが、観光客はとても少ない時期ですので、観光する上ではとても良いかもしれません。

特に、大都市の場合はほとんどの人が帰省していますので、ゆっくり観光地を見ることができます。

春運はとてもすごいですが、やはり、インドには適いません(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする